疲れたおっさんのブログ

疲労に悩むおっさんブログ。最近はとにかく栄養のあるものの摂取と睡眠を重視している次第でございます。

【横山塾】メタバースが注目される理由と活用法

最終更新日 2023年1月25日

「メタバースって何?」
「メタバースの活用方法について知りたい」
「横山英俊さんの評判やプロフが知りたい」

仮想空間という言葉をテレビのニュースなどで耳にすることが増えたけれど、何を意味する言葉なのか分からないという人のために、メタバースについてご紹介します。
超越という意味を持つメタと、世界を意味するユニバースを合わせた言葉が語源で、ネットワーク上に構築された仮想空間の名称です。
現実世界に似せて空間が作られていることが多く、ビルなどの建物や道路がある仮想空間を、アバターと呼ばれるプレイヤーの分身を使い歩いているだけでも楽しい時間を過ごせます。
仮想空間で販売されている衣服や帽子などのアイテムをアバターに着用して、おしゃれを楽しめるのも特徴だと横山英俊氏は言います。

横山英俊

ITフリーランスになるメリットは何か?

横山英俊氏も注目する会議空間としての活用

リモートワークの割合が増えた企業が珍しくない現在では、メタバースが会議をするための空間として活用されています。
会議に意識を集中しやすいように、心が落ち着くインテリアデザインの仮想空間を作るなど、好みのデザインに調整できるのも魅力です。
デジタルの空間に書類を保管するための棚を配置することで、重要なテキストファイルをどこに収納したのか視覚的に分かりやすくなります。
他人とファイルを共有する作業もスムーズに行えるようになり、労働環境の改善に仮想空間が役立つと考える企業も現在では珍しくありません。
リモートワークなら仕事と育児を両立できて、仕事を長期的に休まずに済んだという人も多く、人材不足の解消に役立つシステムとも言われています。
従業員は自宅にいながら働けるので、通勤にかかる時間を節約できてストレスの解消にもなると評価されており、心と体のケアに役立つのがリモートワークです。

ゲームを趣味とする人たちからもメタバースは注目されている

企業で働く人間だけでなく、ゲームを趣味とする人たちからもメタバースは注目されており、仮想空間の中ではオリジナルのゲームも楽しめます。
アバターが身に着けている装備によってステータスが変動して、より強い敵とも戦えるようになるといった要素も加えられます。
今よりも強いアバターを作りたいという理由で、仮想空間内のアイテムを更に集めたくなるといった欲求を刺激されるのも、ゲームプレイヤーから好評な点です。
VR機器と連動することで、自分が仮想空間の中にいるような感覚を楽しみながらアイテムを集められて、他のプレイヤーとの連携まで楽しめる点が評価されています。

連動イベントを開催するために仮想空間を活用することも可能

家庭用ゲーム機やPC向けに販売されているゲームが、連動イベントを開催するために仮想空間を活用することも可能です。
原作となるゲームでは2Dグラフィックで表示されていたキャラクターが、仮想空間では3Dグラフィックとなって目の前に現れるといった演出もユーザーに楽しんでもらえます。
仮想空間のデータを原作となるゲームと連動して、特別なアイテムを配布するといった楽しみ方を用意できるのも魅力です。
ユーザーに楽しんでもらえるイベントを開催したくても、ゲーム内だけでは演出に限界があると悩む企業にとって、仮想空間は理想的な場所としてゲーム業界からも注目されています。

ショッピングを楽しむための場所としても人気

メタバースは衣類などのショッピングを楽しむための場所としても人気があり、通販サイトを眺めているだけでは商品の特徴が分かりにくいと感じる時には、仮想空間のショップに足を運ぶことをおすすめします。
3Dグラフィックで作られた商品を仮想空間に展示するショップも増えていて、特徴を詳しく調べてから購入するものを決めることが可能です。
高画質の3Dグラフィックで商品を展示できるおかげで、衣類などのディティールの美しさを視覚的に伝えやすくて、販促効果の高さを企業側も実感しています。
仮想空間の中から商品をスムーズに注文できるように、システムが調整されているのでショッピングを快適に楽しめると好評です。

アーティストが自身の新しい作品を発表するための場

アーティストが自身の新しい作品を発表するために、メタバースを利用することも増えており、発表イベントのために特別な仮想空間が構築されています。
ライブ会場にいるような臨場感を楽しめて、ファンが喜ぶイベントを手軽に開催できるというのも、仮想空間がアーティストから注目されている理由です。
音楽だけでなく絵画などの作品を展示するための場所としても活用できて、住んでいる国を問わずにイベントに参加できる手軽さを実感できます。
芸術関連のイベントとVR機器の相性も良くて、臨場感のある音楽ライブを楽しむためのシステムとして活用することも可能です。

まとめ

PCだけでなくスマートフォンからも仮想空間に入れるという手軽さもあり、メタバースは今後も利用者が増えていくと予想されています。
教育の現場でも活用される可能性は高く、3Dグラフィックで表示されている教材を使い、今までとは違った指導法を実践できます。
馴染みが無い技術なので難しそうなイメージを持っている人も、仮想空間について少し知るだけでイメージが変わるのは間違いありません。
世界各地で仮想空間に対する巨額の投資が進められていて、今まで以上に華やかなサービスが提供される可能性があります。