ファイナンシャルプランナーの資格を取得するメリットを考えよう

「ファイナンシャルプランナーの資格を取得したい」
「ファイナンシャルプランナーの資格を取るメリットが知りたい」
「ウェルスデザインさんの評判が知りたい」

ファイナンシャルプランナーの資格に興味を持っているものの、勉強が面倒などのイメージから資格を取得するかどうか迷っている方もいるでしょう。
実際に取得するかどうか迷っているのであれば、ファイナンシャルプランナーの資格を得ることでどのようなメリットがあるのか考えてみるのも1つの手です。
仕事や自分の生活においてどのようなメリットが得られるのか把握することで、取得するかどうか判断する基準を作ることにつながります。

関連:ウェルスデザイン

終身保険を選定する時に大切な事をウェルスデザインに学ぶ

就職に有利となる可能性もある

例えば資格を持っているメリットの1つが、就職に有利となる可能性もあるという点です。
金融業界や保険業界などでは、この資格を持っていることで、業界で働くうえで必要な知識をある程度持っていると判断してもらえる基準となります。
証券会社や保険会社の営業職などでも、専門的なアドバイスができるだけの知識があると判断されて、就職や転職が有利になるかもしれません。

さまざまな業界において役立つ知識を持っていると判断される

そして金融業界や保険業界だけではなく、ファイナンシャルプランナーはさまざまな業界において役立つ知識を持っていると判断される要素の1つです。
特にお金が関わる業界では高評価されるケースが多く、不動産業界やコンサルティング業界、税理士などでも評価につながるケースが見られます。
例えば不動産業界の場合、不動産の取得や相続、ローンに関することなど、顧客の人生設計も含めたアドバイスが可能です。
不動産投資を始めたいという方にも、さまざまな視点からアドバイスができると評価されるので、資格を持っていると仕事の幅が広げられるチャンスがあると押さえておきましょう。

資格手当がもらえる場合もある

ほかにも仕事関連で注目するべき点の1つが、資格手当がもらえる場合も見られるという点です。
昇給昇進の評価対象となることもあるので、少しでも良い条件で働きたいと考えているのであれば、状況に応じて取得を検討することも必要です。
特に金融業界の場合には、資格の取得を推奨しているようなケースも見られます。
推奨しているような環境であれば、講習会や試験を受けるための費用補助などを行っている場合もあります。
少しでも良い条件で働きたいなら、働いている企業や働きたい企業で、資格を持っていると有利になる要素がないか調べてみることも必要です。

取得した資格を活かして独立開業できる

また企業勤めで活かすのではなく、取得した資格を活かして独立開業するという選択肢もあげられます。
ファイナンシャルプランナーの資格を持っていれば、個人で相談員などの形で独立開業することも可能です。
独立しても軌道に乗るまでに時間がかかってしまうこともありますが、上手く軌道に乗せることができれば、自分のペースで仕事をして、やりがいを感じながら働けるかもしれません。
ちなみに本業で活かすのではなく、副業で活かすという形で考えていくことも可能です。

自分の実生活の中で活かしていける

ファイナンシャルプランナーの資格は仕事で活かすのではなく、自分の実生活の中で活かしていくという選択肢もあります。
資格を取得するために勉強するだけでも、家計管理のノウハウが得られるかもしれません。
実際に勉強をすると自身のライフプランをどのように見直していけばいいのか考えるきっかけが得られます。
節約のために何かを始めたいと考えていても、具体的に何をしたらいいのか迷っているという方もいるでしょう。
取得するための勉強では、ライフイベント表やキャッシュフロー表、バランスシートなどの作成を学ぶ必要があります。
学んだことを自分の生活に当てはめて考えていくことで、適切な家計管理がしやすくなります。

資産運用の知識が得られる

さらに資産運用の知識が得られるというメリットがあります。
年金だけで老後資金を賄うのは難しいと思っていても、具体的に何をしたらいいのかわからない、資産運用に興味があってもリスクが不安と悩んでいる方もいるでしょう。
ファイナンシャルプランナーの資格を通して資産運用に関することも学んでいくことで、自分の状況に合った形で無理なく始められる資産運用の方法を考えやすくなるかもしれません。

税金対策ができるようになる

ほかにも税金対策ができるようになる、金銭的な不安の解消にもつながるなど資格を取得するために得た知識は、自分の生活の中で活かしていくことが可能です。
お金に関するさまざまな場面で役立てる知識が得られるので、学んだことを自分に合った形で活用できるようにしましょう。
実生活の中で得た知識を活かしていくことで、より深く学んだことを理解して、資格を実生活だけではなく、仕事にも活かしていけるようになる可能性もあります。

まとめ

このように実際に資格を取得することには、さまざまなメリットが存在しています。
勉強に時間がとられる、スクールなどに通って勉強するとお金がかかるなどのデメリットはあるものの、仕事や実生活で活かせる複数のメリットがあるという点を理解したうえで、取得を目指すかどうか考えていくことも必要です。
今のことだけではなく、長い目で考えて自分にとって必要なものかどうか考えて取得を検討することも忘れないようにしましょう。