ファイナンシャルプランナーの資格を取得するメリットを考えよう

「ファイナンシャルプランナーの資格を取得したい」
「ファイナンシャルプランナーの資格を取るメリットが知りたい」
「ウェルスデザインさんの評判が知りたい」

ファイナンシャルプランナーの資格に興味を持っているものの、勉強が面倒などのイメージから資格を取得するかどうか迷っている方もいるでしょう。
実際に取得するかどうか迷っているのであれば、ファイナンシャルプランナーの資格を得ることでどのようなメリットがあるのか考えてみるのも1つの手です。
仕事や自分の生活においてどのようなメリットが得られるのか把握することで、取得するかどうか判断する基準を作ることにつながります。

関連:ウェルスデザイン

終身保険を選定する時に大切な事をウェルスデザインに学ぶ

就職に有利となる可能性もある

例えば資格を持っているメリットの1つが、就職に有利となる可能性もあるという点です。
金融業界や保険業界などでは、この資格を持っていることで、業界で働くうえで必要な知識をある程度持っていると判断してもらえる基準となります。
証券会社や保険会社の営業職などでも、専門的なアドバイスができるだけの知識があると判断されて、就職や転職が有利になるかもしれません。

さまざまな業界において役立つ知識を持っていると判断される

そして金融業界や保険業界だけではなく、ファイナンシャルプランナーはさまざまな業界において役立つ知識を持っていると判断される要素の1つです。
特にお金が関わる業界では高評価されるケースが多く、不動産業界やコンサルティング業界、税理士などでも評価につながるケースが見られます。
例えば不動産業界の場合、不動産の取得や相続、ローンに関することなど、顧客の人生設計も含めたアドバイスが可能です。
不動産投資を始めたいという方にも、さまざまな視点からアドバイスができると評価されるので、資格を持っていると仕事の幅が広げられるチャンスがあると押さえておきましょう。

資格手当がもらえる場合もある

ほかにも仕事関連で注目するべき点の1つが、資格手当がもらえる場合も見られるという点です。
昇給昇進の評価対象となることもあるので、少しでも良い条件で働きたいと考えているのであれば、状況に応じて取得を検討することも必要です。
特に金融業界の場合には、資格の取得を推奨しているようなケースも見られます。
推奨しているような環境であれば、講習会や試験を受けるための費用補助などを行っている場合もあります。
少しでも良い条件で働きたいなら、働いている企業や働きたい企業で、資格を持っていると有利になる要素がないか調べてみることも必要です。

取得した資格を活かして独立開業できる

また企業勤めで活かすのではなく、取得した資格を活かして独立開業するという選択肢もあげられます。
ファイナンシャルプランナーの資格を持っていれば、個人で相談員などの形で独立開業することも可能です。
独立しても軌道に乗るまでに時間がかかってしまうこともありますが、上手く軌道に乗せることができれば、自分のペースで仕事をして、やりがいを感じながら働けるかもしれません。
ちなみに本業で活かすのではなく、副業で活かすという形で考えていくことも可能です。

自分の実生活の中で活かしていける

ファイナンシャルプランナーの資格は仕事で活かすのではなく、自分の実生活の中で活かしていくという選択肢もあります。
資格を取得するために勉強するだけでも、家計管理のノウハウが得られるかもしれません。
実際に勉強をすると自身のライフプランをどのように見直していけばいいのか考えるきっかけが得られます。
節約のために何かを始めたいと考えていても、具体的に何をしたらいいのか迷っているという方もいるでしょう。
取得するための勉強では、ライフイベント表やキャッシュフロー表、バランスシートなどの作成を学ぶ必要があります。
学んだことを自分の生活に当てはめて考えていくことで、適切な家計管理がしやすくなります。

資産運用の知識が得られる

さらに資産運用の知識が得られるというメリットがあります。
年金だけで老後資金を賄うのは難しいと思っていても、具体的に何をしたらいいのかわからない、資産運用に興味があってもリスクが不安と悩んでいる方もいるでしょう。
ファイナンシャルプランナーの資格を通して資産運用に関することも学んでいくことで、自分の状況に合った形で無理なく始められる資産運用の方法を考えやすくなるかもしれません。

税金対策ができるようになる

ほかにも税金対策ができるようになる、金銭的な不安の解消にもつながるなど資格を取得するために得た知識は、自分の生活の中で活かしていくことが可能です。
お金に関するさまざまな場面で役立てる知識が得られるので、学んだことを自分に合った形で活用できるようにしましょう。
実生活の中で得た知識を活かしていくことで、より深く学んだことを理解して、資格を実生活だけではなく、仕事にも活かしていけるようになる可能性もあります。

まとめ

このように実際に資格を取得することには、さまざまなメリットが存在しています。
勉強に時間がとられる、スクールなどに通って勉強するとお金がかかるなどのデメリットはあるものの、仕事や実生活で活かせる複数のメリットがあるという点を理解したうえで、取得を目指すかどうか考えていくことも必要です。
今のことだけではなく、長い目で考えて自分にとって必要なものかどうか考えて取得を検討することも忘れないようにしましょう。

松澤氏に聞く!転職を成功させるには

「転職を考えている」
「転職を成功させるコツや方法を知りたい」
「松澤弘康さんの経歴が気になる」

転職を希望する方の多くは、現状に不満を持っており、もっと良い条件と環境での仕事を希望する方が多い傾向にあります。
給料も仕事内容も、待遇面も人間関係も問題が無い職場で仕事をしている方が敢えて転職する必要性はなく、この環境にいる方とは無縁のことですが、そうではない方も全国各地には多数存在していることも事実になり、人によってはいわゆるブラック企業問題で悩みを持つ方も決して少なくはありません。

 

【特集】自家用航空機操縦士免許の取得方法は?【松澤弘康 解説】
松澤弘康

【保存版】成功できる起業家の特徴

松澤弘康さんが警鐘を鳴らすブラック企業について

国が示した働き方改革により、以前よりもブラック企業は減少傾向にありますが、その裏を悪用している会社が実在していることも事実としてあげることができ、時に新分野テレビニュースで報道される企業の中には大手企業も含まれていることも決して珍しくありません。
大手だからと安心して入社することはせずに、きちんと一定以上の条件を自ら決めて仕事探しをすることはかなり重要です。
転職活動は求人広告があって初めて成り立つものなので、活動中の方はできるだけ多くの求人情報を得る努力を行う必要性はあります。
有名な転職サイトから地域密着型のサイトまであり、こちらはインターネットを利用して探せる求人ですが、住んでいる住所を管轄としているハローワークの利用も決して間違いではありません。
企業側が人材募集を掛ける際には、身近なところでハローワークに限定して募集をしている企業があれば、少しでも多くの方々に見てもらえるように、敢えてネット上のサイトを利用する企業も存在します。
他にも地元で発行されている求人雑誌を購入したり、フリーペーパーの求人誌から情報を得る方法もあり、友人や知人、親戚関係などを通じて紹介をしてもらう方法もあります。

少しでも多くの媒体を利用して求人を探すことは必須

どちらにしても長く勤務することを希望している場合、失敗してしまうと悪循環に陥ってしまうリスクがあるので、少しでも多くの媒体を利用して求人を探すことは必須です。
気になる求人を見つけた際には、できるだけ早期に行動した方が良いと判断できます。
企業側では先着数を決めている可能性もあり、タイミングが遅ければ既に募集停止をしている求人も出てしまうので、事前にある程度の枚数の履歴書と職務経歴書を準備しておき、いつでも面接に対応できるようにしておくと、チャンスロスを起こしてしまうことは無くなります。
書類の作成は入手できるかどうかの判断材料の上では大切な鍵になります。
特に事前に書類選考を行う企業の場合は、第一印象を感じ取る際には書類は重要なポジションです。
履歴書の作成においては、まずは写真館で証明写真を撮影することが望ましく、安く印刷できる簡易的な機器の利用ではなく、プロの撮影技術を用いることが原則です。

証明写真はプロの撮影技術を用いることが原則

簡易的な機器との違いは、画素数だけではなく明るさが全く異なります。
プロの写真館では最適な明るさを確保した上で撮影をし、背景も品格のあるものにできるので、仕上がりの状態や質感が上質なことが特徴です。
何社も応募することを想定して写真を作ることも必要なので、写真館を利用する際にはDVDなど何かしらの媒体にデータ保存したものを購入できる方が、後々に役立ちます。
履歴書は手書きで記載することが求められている場合、各項目においての文字のサイズや上下左右のバランスも重要です。
大き過ぎる文字では読みにくくなり、小さ過ぎると当然ながら問題です。
各行に対して最適なバランスで書き記す必要性があるので、最初は下書きをしてみる方法も効果的です。
職務経歴書はこれまでの経歴を細かく記載する書類になり、こちらはパソコンで作成することが一般的とも言われています。

効果的な職務履歴書の書き方事例

時系列で分かりやすくポイントをまとめて記載する方法が最も利用されており、一つの事例としては営業職だった方は、前年対比の売上げ率をアピールポイントとして具体的に書き記したり、役職に就いていた方も忘れずに記載することが成功への鍵になります。
全ての記載項目においては、責任を持って書き記す必要性があるので、面接まで進むことができた方であれば、どの項目を質問されてもスムーズに回答できるように、シミュレーションをしておくと更に安心できるのではないでしょうか。
注意したいことは嘘を書いてしまうことはやめた方が賢明です。
仕事内容をある程度強調して書くことには問題は少ないとも判断できますが、嘘の経歴や嘘の学歴を書いてしまうと、入社後に発覚した際には解雇されるリスクはあるので正直に書類を作成することは当然のことです。
後は少しでも多くの求人情報を求めた行動を行うことになり、非公開求人を売りにしている転職サイトに登録しておく方法や、一定以上のキャリアを有している方は、逆オファーが来るサイトに登録をしておく方法も忘れずに活用したいサービスです。

まとめ

根気よくあらゆる方法で求人情報を見ていいると、給料に対する仕事内容や残業時間など一定の法則を見つけられる可能性もあります。
いくら給料が良くてもハードな仕事内容では継続することが難しくなるので、バランスを読み取って応募することも転職活動では重要です。