関井さんはじめ多様化している芸能ニュース

芸能ニュースの歴史を紐解くと、段々と多様化していることがわかります。

ここ最近は芸能人の不倫に関する話題が多いですが、以前の方がこうしたものが多く、しかも、生々しい話まで繰り広げられ、お茶の間の話題を独占していました。

これは新聞でも同様であり、雑誌媒体などでもさらに生々しい話でいっぱいとなるなど、そこまで何も報道しなくていいのではないかという話題が取り上げられることもありました。

特に雑誌を巡っては芸能人と雑誌社のバトルが問題となることもあり、こうしたことがのちに大きな影響を与えることとなります。

参考・・・関井圭一

関井圭一さんについてのニュース

芸能ニュースの多様化は視聴者の意識の変化にも表れています。

視聴者としては、基本的に不倫どうこうの話題、熱愛の話題はうんざりしており、そんなことはどうでもいいと思う人が多いですが、一方で食い入るように見てしまう人も多くいます。

いわば無関心と呼ばれる視聴者層が少なくなりやすいのが不倫や熱愛などの話題であり、以前であればそれでも成立していましたが、最近は本当にこうした話題がうんざりで、こうした情報を取り扱わない番組にチャンネルを変える動きが強まっています。

こうした動きを見て、芸能ニュースも多様化しています。

映画のプロモーションなどでは、出演者に関する話題が取り上げられ、そこでの話題をかいつまんで紹介するようなニュースが増えています。

キャッチーな話題を提供し、1分程度の芸能ニュースとなっていきます。

ワイドショーなどを見ると、政治的な話題でも視聴率を稼ぐことができるというのがわかり、それ以降は政治の話題を面白おかしく取り上げたり、社会問題となっている話題で番組を作ることもあります。

そうなると、芸能ニュースに与えられる時間は限られ、1分程度で収まるようなものの方がウケがよく、重宝されるというのが現状です。

ところが、こうした動きが映画のプロモーションそのものに影響を与えています。

結局、こうした番組に取り上げられるかどうかは、誰もが知っている人でなければ成立しません。

そんな時に、映画の内容に合わせたようなプロモーションを仕掛けても、取り上げてくれない可能性があります。

もちろん、ネットで運動を展開していけばそれでいいはずですが、映画配給会社の多くはテレビの影響力を信じているため、取り上げてもらえるようなことをしたいと思い、安全策に走るようなことをしがちです。

関井圭一さんは最近どんなことが話題に?

そうなると何が起こるかといえば、映画の内容に関係のないプロモーションをしてしまうということになります。

映画はシリアスで、戦争の生々しさを表現したようなものなのに、それと全く関係のないリアクション芸のようなことをするというものが過去にありました。

こうなると、ただ単に映画名が宣伝されればいいということになり、肝心の中身が伝わらない恐れがあるほか、その乖離に対し、映画を心待ちにしていた人の反発を生み、結果として逆効果に終わることもあります。

それでいて、思ったほどの効果を得られないという問題もそこには秘めています。

以前よく行われていたのは、ワイドショーで話題となっている人を呼び、質問をしたいマスコミを呼び、肝心のことを聞こうとしたら質問を制止されるというものです。

こうすると、最初だけ効果がありますが、段々映画そのものよりも、どれだけマスコミを呼ぶことができたかという部分になってしまい、結局、思ったほどの効果を得られないということになっていきます。

海外から映画宣伝のために主役を呼ぶことをせず、お笑い芸人やアイドルがお茶を濁すようなプロモーションしかできない背景には、芸能ニュースが関係しています。

関井圭一さんの情報はネットで検索すれば出てくる

一方では、特定の事務所に所属するタレントのことは取り上げないようにしようという忖度が現場で働きやすくなっています。

ドラマに出演している俳優の事務所を怒らせると、次からその主役に出てもらえない可能性が浮上します。

特定の事務所の俳優、タレントをすべて引き上げられてしまうということになれば、局として大問題となってしまうため、ならば、特定の事務所の話題には触れないようにするという動きが出てくるのは自然です。

しかし、近年はネットの声というものが強く出てきたため、こうしたことはすぐにバレ、逆にマイナスになります。

こうした今までの動き、そしてこれからの動きというのは、多様化するメディアの動きにも直結する話です。

ネットの力が強まり、テレビや雑誌など既存の媒体への反感が今までのニュースのあり方を左右することになります。

まとめ

リスクを恐れ、テレビのニュースも人畜無害で、ノンリスクな話題を選びがちである一方、ネットは多少偏りを見せ、特定の人に熱狂的に愛されるものへとなっています。

そうなると、より一層、こうしたニュースに対して警戒をしていく必要があります。

ニュースの種類に問わず、作り方は似てくるため、好き嫌いをなくし、フラットに見ていくことが求められます。

五月人形は処分する時のこともしっかりと考えておこう

「五月人形は何歳まで飾るの?」
「五月人形の処分の仕方を知りたい」
「家に不要になった五月人形があり、どうすればいいか分からない」

端午の節句に飾る五月人形は、男の子の健やかな成長を願い飾られるものです。
0歳で迎える初めての端午の節句を初節句と呼びますが、ここで五月人形を用意して毎年飾られていくものです。
子どもの年齢が上がるにつれて、だんだんと節句のお祝いは盛大にしなくなる傾向にあり、飾る機会もだんだん少なくなってしまうのが実情です。
場合によっては手放すことを考えるようにもなるでしょう。
その際には適切な処分方法またタイミングをしっかりと考えておく必要があります。

五月人形は何歳まで飾れば良いのか

そもそも五月人形は何歳まで飾れば良いのかと言うと、現代では明確に定められていないのが実情です。
とは言え時代を遡ると、人生の節目となる年齢において手放していたことが伺えます。
江戸時代の場合には、数え年の7歳の頃に神社に奉納する風習がありました。
七つまでは神のうちという言葉があり、当時の日本において、子供は7歳まで神様から預かっているものだと考えられていたのです。
7歳まで無事に成長できたことへの感謝の証に、毎年神様に人形を奉納していたということです。
また現代の成人式にあたる元服に置いて手放していたという風習もあります。
現代では20歳が成人にあたりますが、奈良時代以降に始まった元服の儀式では、11から16歳ほどの年齢の時に執り行われたのが一般的です。
つまり当時の男の子は現在よりもかなり幼い年齢で一人前として扱われていたことがわかります。
このようなことから元服を終えると立派な大人になったということでもあり、このタイミングで手放すケースも多かったのです。
このように地域により何歳まで人形を飾るのかという風習は、現代まで根付いているところも見られます。
とはいえ厳密な決まりがないので、興味を示さなくなったり、一人暮らしをするために家を出た時などが処分をするタイミングとも言えるでしょう。
五月人形は子供の災難や役を引き受ける身代わりの役目も果たすので、成人する二十歳まで飾るのが理想とは言えますが、子供の意見なども反映させながら、家庭でよく考えることが大切です。

五月人形の処分方法

五月人形を手放すタイミングが来た場合には、その処分方法にも様々な方法があります。

粗大ごみとして自治体のゴミに出す

まず第一に可燃ごみや不燃ごみ、粗大ごみとして自治体のゴミに出す方法です。
多くの人形には燃やせない金属類が含まれているので、自分自身で分解して可燃ごみと不燃ゴミに分別する必要があります。
サイズが大きかったりガラスケースに入れられているものの場合には、自分での分別が難しいかもしれません。
このような場合には粗大ごみに出す方法も一つです。
粗大ごみを出す場合には、事前に収集の申し込みが必要なのが一般的です。
スーパーやコンビニなどで粗大ごみ処理券を購入し、人形に貼り付けて指定された場所に出します。
とはいえゴミの出し方はそれぞれの自治体で大きく異なるので、ゴミとして処分するのであれば、細かい詳細は自治体に問い合わせをするようにしましょう。
またゴミとして出す前には、自分で供養をしたいと思うこともあるでしょう。
このような場合には汚れを落とし、綺麗に掃除をして、髪を束ねるなどしてお清めの塩を振りかけて白い布で包むのが良い方法です。

買取専門店で処分をする

そして二つ目の方法は、買取専門店で処分をする方法です。
思い出も詰まっているのでゴミとして処分するのは気が引けるという人も多いことでしょう。
このような場合には買取専門店で引き取ってもらう方法が一つの手段として挙げられます。
多くの家庭で大切に保管されていたはずですが、査定の前には付属品を揃え、全てを掃除をしておくことが大切です。
綺麗な状態で査定に出すことで、高値で買い取ってもらえる可能性も大いに高まります。
買取専門店の中には、自分で店舗に持ち込むだけではなく、ダンボールに入れて宅配便で送る宅配や、家に来てもらう出張買取などもあります。
自分自身の都合やライフスタイルに合わせた方法を上手く活用できると良いでしょう。

寄付をして処分する

そして寄付をして処分する方法も一つの手段にあたります。
きちんと保管がされていて、まだまだ飾れる状態のものであれば、ただ処分をするのではなく、一つの選択肢として寄付も考えましょう。
児童福祉施設などがそれに該当し、子供達とお祝いをするために五月人形を必要とするところもあります。
海外の途上国などの支援のために、節句人形を送る団体も見られます。
寄付をすることは、長年飾って愛着の湧いている人形を処分するのは気が引けると感じる人には特におすすめの方法といえます。
国境を越え多くの子ども達の笑顔に支えられるのであれば、持ち主にとっても嬉しいことといえます。

まとめ

このように様々な方法がありますが、処分をすることに躊躇する場合には、神社やお寺などで供養をする方法を選ぶのもよいでしょう。
お焚き上げを行うことで、人形からは魂が抜けて安らかな眠りにつくことができるとされています。
全国に人形供養ができる寺社があるので、まずは問い合わせをしてみるとよいでしょう。

終身保険を選定する時に大切な事をウェルスデザインに学ぶ

様々な種類が存在している保険の中でも常に高い人気を誇り続けているのが終身保険であり、人気が高くて実際に利用する方も多いからこそより良い契約をするにはポイントを抑えておくのが大切です。
契約を検討している時に今一度はっきりとさせておく必要があるのが契約をする目的についてで、契約時に重きを置く点により契約内容が変化する特性があるため、加入する時には再度目的をはっきりとさせましょう。

【参考】ウェルスデザイン

インプラントの歴史とメリット・デメリット

死亡保障が目的で入るのなら受け取る額の設定が大事

そのように目的をはっきりとさせた場合に選定しやすくなるのが死亡保障が目的もしくは貯蓄目的であり、死亡保障が目的で入るのなら受け取る額の設定が大事です。
理由は額が小さいと遺族が金銭の手配に新たに意識を向ける必要がありますし、多いと想定していたよりも多くの保険料を支払う必要があるためです。
葬儀に纏わる費用が目的であるのなら200万円を設定する事例が多いのですが、まだ現役で働いてる時に備えて契約をするのなら遺族の生活費や子供の教育費が目的になり、設定する額は遺族年金もしくは貯蓄では不足する分です。
終身保険について考えた場合保険料を支払う時期を思慮する方も多いですが、保険料を払込む期間は10年間または15年間のように定められている期間の他に、60歳までのように定められた年齢までの間の事例もありますし、命を全うするまでを対象にしている事例もあります。
命を全うするまで支払い続ける事例では1度につき支払う保険料は小さくなるものの、現役を退いてからも支払い続ける様子になりますし、年齢が高くなると支払う金額も高くなっていきます。
10年間にわたって支払い続けたり60歳までは支払うタイプの事例では、1度あたりの額は大きくなりやすいですが支払いを終えた後には支払いをしなくても保障してもらえる上に、平均寿命を迎えると総額が終身払いより低くなる事も稀有ではありません。

貯蓄目的で加入する時は支払った額に対し解約をした時に戻ってくる額を意識

貯蓄目的で加入する時には、支払った額に対し解約をした時に戻ってくる額を意識するのが大切であり、100%に設定されているのなら支払った分と同じ分が戻ってきますし、100%を超える値が示されているのなら支払った分よりも多く受け取れます。
100%を超えるタイミングは払込の期間を終えた後なので、終身払いにするのではなく短期払いにしつつ金銭を必要とする前段階に支払いが終えられるように払込の期間を決める必要性があります。
保険料の支払いの継続の有無は死亡保障を目的にしている事例も大切ですが、貯蓄目的の場合にはますます大事なので特に確認する必要がある上、支払いをする金額は余裕がある額にするのが堅実です。

終身保険の種類

さらに、一言で終身保険と扱われていても複数の種類が存在していて、低解約返戻金型終身保険は解約返戻金が70%と低く設定されているのがポイントなので利用しやすい保険料になっているのが魅力的です。
積立利率変動型は市場の動向を考慮して定期的に積立利率が変化するタイプの事であり、一般的には契約をした時の積立利率のままですが、定期的に市場の動向によって見直しが行われるため当初よりも多くの払戻金が得られる事も珍しくありませんし、最も低い値も予め設定されているので市場の動向が低くなっても著しく額が少なくなる心配もありません。
他には積み立てた部分を債権もしくは株式として運用をするタイプの終身保険も存在し、一部を市場動向により大きく価値が変化する債権もしくは株式にするが故に元来よりも突出して多くの額が受け取れます。
そのような債権または株式する事例に近い事例として挙げられるのが外貨を用いて払込をするタイプで、支払いや受取時には日本円を用いる形式になる様子から外貨を有していなくても活用できるのが快適です。

解約をするタイミングについて

終身保険は新たに契約を考えている方が大勢存在しているのと共に、既に契約をしているものの見直しを行ってより良い形にしたいと考えている方も多いです。
見直しを検討している方が意識するのが大事なのは解約をするタイミングについてであり、期間中であるのにも関わらず解約をすると戻ってくる額が支払った額よりも少なくなるので、現時点で解約をした時に戻ってくる額と共にますます額が高められるタイミングを調べるのが大切です。
これまでも加入していたものの、再度加入し直す決意をした時にはかつて加入した時よりも加入時の年齢が高くなっている様子から、支払う金額は大きくなる事を念頭に置いておくとより計画的に物事が進めやすくなるのに加え、保険であるからこそ現在の健康状態にも今一度思慮するのもポイントです。

まとめ

あらゆる保険の中でも加入を検討している方々の中において突出して支持されている上に支持をしている年代が幅広いが故に、個々により異なる状況に柔軟に対応できるように各保険会社は多種多様なプランを考案し展開しています。
契約をする時には加入をする意味に関して再度はっきりとさせておきつつ、未来から物事を見る事で現在契約をすべく内容とプランが決めやすくなります。

青汁の効果について説明します

青汁は、緑黄色野菜を絞って作られた飲料になり、豊富な栄養素が入っているので体に良い飲料になります。
使用されている原料は、ケールや大麦若葉・明日葉・桑の葉などの緑黄色野菜が使われていることが多く、野菜不足の方などが飲用することで1日の必要な野菜を手軽に摂取することができるのです。

青汁の成分

ケールにはビタミンAが豊富に含まれいて、大麦若葉には食物繊維には豊富に含まれている野菜になります。
桑の葉には牛乳の24倍のカルシウムが含まれていて、鉄分も豊富にあります。
明日葉にはビタミンB12や豊富な食物繊維などの成分が含まれています。
緑黄色野菜によって効果が違ってくるので、青汁の商品を選ぶ際には、どのような緑黄色野菜が使用されているのかチェックしてから購入することをおすすめします。

青汁のタイプ

青汁の種類

青汁にはドリンク状で販売しているものや、粉末タイプ・冷凍タイプなどがあります。

ドリンク状

ドリンク状になっているものは、手軽に摂取することができるので人気があります。

粉末状

粉末状のタイプはお水などで溶かして飲むことができます。
ドリンクタイプとは違って、かさばらないので収納場所に困ることがなく、持ち運びすることができるので、旅行などに持って行くことができます。
粉末状のものはすっきりした味で飲みやすいといった特徴があり、牛乳や豆乳とブレンドすることもできるので苦い味が苦手な方や、癖のある独特な味が苦手な方は、牛乳や100パーセントオレンジジュースなどで割ることで飲みやすくなるのでおすすめです。

冷凍タイプ

冷凍タイプのものはケールや明日葉を絞って冷凍しているので、加熱処理がほどこなれていないことが多く、加熱処理をする粉末タイプに比べて、製造過程で栄養素が失われるリスクが減る点が、メリットになります。
冷凍タイプは緑黄色野菜100パーセントで添加物など入っていないことが多いといった特徴があります。
素材の風味をそのまま味わうことができ、フレッシュな状態で飲用できることも冷凍タイプの魅力になります。
それぞれのタイプによって、メリットが違ってくることになります。

【参考】青汁飲みやすい

青汁には健康に良い効果がある

青汁の効果

青汁には健康に良い効果があると言われています。
薬と違うのですぐに効果があらわれるものではなく、持続することで効果を実感しやすくなるものになります。
使用されている緑黄色野菜には、ビタミンやミネラル・食物繊維など豊富に含まれていて、人間が生きていく上で必要としている栄養素ばかり含まれています。
βカロテンやビタミンC・ビタミンEが豊富に入っているので、美肌効果を期待することができます。
これらの成分は抗酸化作用があるので、体の酸化を防ぐ働きがあり、アンチエイジング効果があります。
特にビタミンCは、肌のターンオーバーを正常化して、コラーゲンの生成を促す働きがあるので、ハリのある肌に導くことができる成分になります。
食物繊維は大麦若葉やケールに多く含まれています。
食物繊維を摂取することで、腸の動きが良くなって、便秘の改善効果を期待することができます。
腸の中に老廃物がたまっていると、さまざまな病気の原因になったり、肌トラブルの原因になります。
また便秘が解消することで、腸の中がきれいになってダイエット効果期待できます。
緑黄色野菜の中にはカリウムが含まれているので、体内の水分バランスを整える作用があるのlで、むくみの改善効果があります。
たくさんの緑黄色野菜を摂取することができるので、血液をサラサラにする効果もあり、動脈硬化などの予防にも良いとされているので、生活習慣病の予防の効果があると注目されています。

飲む頻度やタイミングについて

飲む頻度ですが、毎日飲用することが望ましいとされています。
青汁を飲用する一番の目的は不足している野菜を摂取して栄養素を補うことなので、毎日日課にして飲むようにすると野菜不足を解消することができます。
飲用するタイミングはいつでも良いのですが、栄養素をより吸収させるには起床後が良いとされています。
起床後は空腹の状態で飲用するので、常温で飲むことをおすすめします。
食前に飲用することも良いです。
食前に飲むことでお腹が膨れるので、食事の食べ過ぎを防ぐことができます。
就寝の2時間や3時間前に飲用することもおすすめです。
睡眠中にはたくさんの汗をかくのでミネラルが豊富に含まれているケースが入ってるものを飲むようにすると良いです。
ビタミンKが含まれているのでワーファリンの作用を弱めてしまう可能性があるので注意する必要があります。
ワーファリンなどの血液をサラサラにする薬を内服している方などは、医師に相談してから飲用することをおすすめします。

まとめ

青汁を毎日飲んでいるからといって、野菜をまったく摂らなくても良いものではなく、あくまでも食事で補うことができなかった栄養素を補うためのものになります。
毎食の食事は栄養バランスのとれた食事を摂取するように心がけることが、健康維持へ繋げることができる大切なことになります。

日本ユニセフが提供する画期的な事業

ユニセフという団体をご存知でしょうか。
この組織は1943年にアメリカ合衆国のニューヨークで結成され、世界各国の子供に対して手厚い保護をおこなうことを目的としている団体です。
日本でも1945年の第二次世界大戦後から約10年間の間、子どもたちに対して給食の支給から戦争孤児の保護までなされていたほどです。
今も東南アジア・アフリカ・中南米で大々的に活動をされており、日本もその事業に力を注いでいます。
ここではユニセフの成り立ちと、日本ユニセフ独自の画期的な事業について詳しくご紹介をしていきましょう。

組織の中心であるニューヨーク本部の活動

まずは組織の中心であるニューヨーク本部の活動を解説します。
もともとは国際連合の一部として機能をしており、当初は国連児童基金という名称でした。
結成をなされたのは1943年で、当時は第二次世界大戦の真っ只中だったわけです。
この戦争では多くの子供達が両親を亡くしており、そのことを危惧した当時の国連本部長が児童基金の設立を同盟国に訴えかけたのでした。
その頃、日本は同盟から外されており結成の可決には参加をしていませんでした。
それから1945年の終戦後、日本には国連から派遣をされたGHQが政府の暫定政権を担うこととなり、ここでユニセフの手厚い保護を受けることになります。
東京や名古屋・大阪は戦時中は大きな空襲の被害を被っており、戦災孤児たちが約400万人もいました。
彼らは当時はガード下やバラックなどに住んでいたものの、食べるものもなく病気で何人もの子が命を落とす結果となっていたわけです。
事の重大さを進駐軍から聞いた国連本部長はすぐに児童保護の命令を下し、日本政府とGHQの後押しをすることとなります。

孤児院の建設を全国12都市で開始

まずは孤児院の建設を全国12都市で開始をし、ここで戦災孤児を引き取ることになりました。
この施設の運営資金は当時の国連理事国が出し合っており、イギリス・フランス・オランダなどの欧州の諸外国が担っていたわけです。
孤児の収容が完了したのは1947年のときで、そこからは全国の小学生に向けて給食を開始します。
70代以上の方であれば、学校で脱脂粉乳をもらったり肝油ドロップの配給を受けた記憶があるでしょう。
それが児童基金の保護になります。
なお、1947年4月から児童基金という名称はユニセフに変更をされました。
この名前はユニバーサル・セーフティーネットの略称で、世界の子供を救うという意味になっているわけです。

高度成長期を迎えた日本が新たに日本ユニセフの組織を結成するに至った背景

1950年までユニセフの日本国内の小学校に対する手厚い保護は続き、未成年者の栄養失調という深刻な問題は解消されるに至りました。
ここからは、高度成長期を迎えた日本が新たに日本ユニセフの組織を結成するに至った背景を見ていきます。
時代は1960年に突入し、敗戦国という雰囲気を一切感じさせない国となったのが日本です。
所得倍増計画というスローガンを当時の政権は打ち出し、日本は高度経済成長期を迎えました。
GDPは当時80パーセントを記録するまでに成長し、一躍先進国と言われるまでに急成長を遂げていたころです。
1965年には日本は国際連合に再び加盟を行ない、戦後復興をなし終えたことをアピールするように多くの慈善運動を開始しました。
そのひとつとして日本ユニセフ支部を東京都港区に開設して、活動をはじめたわけです。

遺産寄付基金について

ここでは今、新たな事業として「遺産寄付基金」というものも用意をされています。
この基金ではお子さんや親族がいない高齢者に対して、遺産を世界各国の恵まれない子に分け与えようという名目を掲げているのがポイントです。
昨今は国内では少子高齢化が進んでおり、さらには結婚をなさらない方も増加しました。
独身のままお亡くなりになった場合、残された資産はすべて国が没収することになります。
その遺産を生前に有効活用できるのが遺産寄付基金であり、所定の手続きを日本ユニセフにておこなえば完了するものです。
その具体例を述べていくと、東南アジア諸国の子供を救いたいと考えている方であれば、あらかじめどの国のお子さんの手助けをしたいのかと指定をして実行に移せます。

日本ユニセフではマンスリーサポートという保護活動もなされている

日本ユニセフではマンスリーサポートという保護活動もなされており、一種のワールド・ビジョンでみる里親制度ともいえるものです。
この場合でもご自身が助けたいと思うお子さんを指名することができるので、ピンポイントの寄付・保護を実施できるわけです。
遺産寄付基金でも同様で、自身が生前蓄えた資産を確かな形で手渡すことができます。
日本ユニセフでは限りなく透明な保護をするということを述べており、どんなルートで物資・資金が流れているのかも明白になされているのがポイントです。
国連の一部でもあり、ユニセフではこの日本支部を今後は中枢機関に加えることを検討されています。

まとめ

戦後に受けた恩を大きな形で返している組織でもあり、われわれもそのことを念頭において力をあわせていくことが大切になります。

参考文献
日本ユニセフ協会 sdgs