プロパンガス会社を上手に選ぼう

「プロパンガス会社の選び方に迷っている」
「ガス料金が高くて会社の乗り換えを検討している」
「プロパンガス会社選びのポイントを知りたい」

様々な理由によって、プロパンガス会社を選ばなければならないことがあるかもしれません。
しかし数ある業者の中から、どこを選べば良いのかわからないと言う人は多いはずです。
現在の日本にはなんと約1万8000社以上の業者があると言われています。
なんと約20,000社にも上るとされていますが、これらの情報を全て集めようと思っても、自分にぴったりのところを見つけ出す事は難しいです。
また自由に料金を決定することができるため、業者によりガスの料金やサービスは全く異なります。
中には不当に高いガス代を請求するところもあることです。
このようなことからポイントを押さえて選ばなければ、場合によっては悪徳業者に引っかかる可能性も大いに考えられるでしょう。

【参考】料金相場と地域最安値もわかる!プロパンガス会社検索「まちがす-MACHIGAS」
まちがす(MACHIGAS)公式ホームページはこちら

料金やサービス、安全性の3つのポイントをしっかりと把握する

プロパンガス会社を選ぶ上では、料金やサービス、安全性の3つのポイントをしっかりと把握することが大切です。
実はプロパンガスは、都市ガスが自由化する以前から、自由に契約できる業者を選ぶことができます。
しかしこれらはあまり知られていないことから、昔から契約しているところと契約を続けている人が多いのです。
このようなことから競争意識もなく、相場の数倍にも上る料金で販売しているところ、安全性が整っていない所があるのが実情です。
しかし近年では変更することが一般的になりつつあり、このような悪徳業者は少しずつ減ってきています。
とは言え選び方により巧妙な手段を使って、現在でも顧客を騙し続けているところもあります。
このような所と契約してしまう可能性も大いに考えられることを覚えておかなければなりません。

文明を支える石油について

インターネット検索で探す

どうやって探せばよいのかと言うと、様々な方法がありますが、インターネット検索で探すのが現在では一般的な方法と言えるでしょう。
住んでいる地域と安い、プロパンガスなどと入力をし、情報が出てきた所のホームページを見て連絡するのが1つの手段です。
この方法は1番手軽な方法ではありますが、あまりオススメできる方法ではありません。
ホームページ上では料金を公開していないところが多く、窓口に電話をかければすぐに料金を教えてもらえるわけではありません。
自宅の状況を話し、見積もりを作ってもらうなければならないのです。
また検索結果に出てきたところに、すべてで電話をかけで見積もりを取ってもらう事はかなり大変です。

知人の紹介を受ける

そして知人の紹介を受けることも1つです。
現在実際に利用している人に、利用中の会社を紹介してもらうのです。
これは事前に契約者の生の声を聞くことができる点が大きなメリットと言えるでしょう。
実は業者の中には契約前には誠実な対応しているのにもかかわらず、契約後の対応が適当であるところも多いです。
安い料金で契約をしたのにもかかわらず、どんどん値上げをして高くする手法を使うところも珍しくありません。
知人の紹介であれば、このような対応の違いがないかどうかを確認することが可能です。
しかし知人の夜障害によって決めた場合には、万が一トラブルが発生したときに、付き合いの関係で変更しにくいことがデメリットと言えるでしょう。

企画サービスを使って紹介を受ける

そしてなんといっても企画サービスを使って紹介を受けることも1つです。
この方法であれば悪徳業者や自宅に供給できないところを事前に省いて探すことができます。
優良なところであれば厳格な加盟基準が設けられていて、その基準をクリアしているところだけが紹介されています。
郵便番号入力すれば、営業エリアに含まれているところのみに絞り込むことも可能なのです。
インターネットで多くの検索をして情報を収集するよりも、圧倒的に早いことがわかるでしょう。
このような探し方を押して候補を見つけた場合には、その候補の中から最終的な決断をするためのポイントをチェックすることが大切です。

ガス料金が相場よりも高くないかどうかを確認

その一つがやはり料金面と言えるでしょう。
ガス料金が相場よりも高くないかどうかを確認します。
自由料金制と呼ばれる制度が採用されていて、自由に業者により販売価格が定められています。
それを逆手にとって高すぎる価格が設定されているところもあるのです。
基本料金や重量単価の平均は、それぞれの地方ごとに簡単に調べることが可能です。
この金額よりも高い金額で提示されていれば、比較的高めの料金設定になっているとわかるでしょう。

請求明細が明確になっているかどうかも重要

そして請求明細が明確になっているかどうかも重要です。
中には検針票や請求書に料金の明細が書いていないケースも多いです。
このようなところだと、少しずつ値上げが行われた場合には、全く気がつかなくなってしまいます。
このようなことからできるだけ避けるのが望ましいです。
契約をする前には検針票を見せてもらい、項目がわかるようになっているのかを確認してから契約しましょう。
そして料金の変動に関する説明が明確であるかどうかです。
原油価格の高騰、為替の変動などによって、値上げは避けられないでしょう。

まとめ

このようなことから、値上げが悪いことと考えるのではなく、理由のない不当な値上げが悪いと考えなければなりません。
値上げや値下げに対しては具体的なルールが設けられていれば良心的です。
その点については契約前に確認することが求められます。