教えて増田先生!エンジェル投資家になるための基礎知識

エンジェル投資家になるためには、莫大な資金とこれらの資金を万が一失っても良いと言う寛大な気持ちがなければできないものと考えられてきました。
実際に従来はベンチャー企業やその他の新たに起業をしようとする人々を支援するものであるため非常に難しい判断力が必要となっており、また効率的に利益を上げるためには銀行などが出資を行わないリスクの高い事業に対して投資を行う風潮もあったため、それなりの覚悟が必要と考えられていたものです。
しかし現代では高いリスクを負わなくても気軽に出資を行うための仕組みが確立されつつあり、社会貢献と自らの利益の追求の両立を簡単に行うことができるようになっています。

エンジェル投資家の由来

エンジェル投資家はもともと、イギリスで演劇事業に資金を提供する富裕層を表現した言葉となっていました。
イギリスでは演劇が市民の娯楽として非常に盛んである反面、これを行うためには莫大な資金が必要となる場合が多く、そのために一時的に資金を提供する人物が存在することがその文化を進めるための重要な要件となっていたのです。
当時は多くの富裕層がイギリス国内には存在し、彼らが自らの資金を文化の発展に役立てようとしたことからその潮流が生まれ、これがその後新たな事業を行う際に出資を行う個人を指す言葉として浸透しました。

日本でのエンジェル投資家は現在でも非常に少ない

日本でも近年ベンチャー企業が非常に多くなり、その資金提供のために様々な手法が生み出されていますが、増田裕介などのエンジェル投資家は現在でも非常に少ない傾向があります。
その理由は投資家自身がその事業性を判断しなければならないと言う点にあり、日本国内ではまだそのような知識を持った投資家が少ないことや、様々な信託銀行や投資ファンドなどが中心となっているのが実態です。
信託銀行や投資ファンドの場合には出資先はそれぞれの組織が一定の基準のもとに判断するものであるため、出資者個人の投資先に対する意見が反映されないと言う問題がある代わりに、様々な情報を参考に客観的な判断を行うことから出資者のリスクが少ないと言うメリットがあります。
しかし最近ではインターネットの発展により、それぞれの個人が気軽に情報交換をすることができるようになったことで、様々な投資のスタイルが生まれその中にエンジェル投資家のような個人の意志で特定の企業や個人に出資する仕組みも整ってきました。

クラウドファンディングに投資をする

クラウドファンディングがその1つの例であり、インターネット上で自らの事業目的やその内容、及び資金面でのリスク管理等を公開することで投資家を公募する仕組みが整いつつあることから、投資家本人がその事業を理解することが非常に容易になってきたのです。
このクラウドファンディングに投資をすることが、インターネット時代のエンジェル投資家の1つのあり方となっている面もあるため、従来のように潤沢な資金と自らの事業判断を行う能力が問われるものとはその内容が大きく変化しているのが実態です。
ただし日本では海外とは異なり様々な組織や信託会社などに投資判断を依存してきた傾向があることから、投資家本人がその事業の見通しを判断する能力が十分に備わっていないと思われる面もあるため、単純にインターネットでクラウドファンディングなどに出資をして利益を上げようとする事は非常に難しい部分が少なくありません。

クラウドファンディングで出資を募る場合

本来投資を行う場合には様々な事業性を自らの判断で客観的に評価し、同時にこの事業が対象とする市場の動向なども十分に分析をしなければいけないものですが、これまで信託銀行や投資ファンドなどにその作業を委託してきた多くの投資家にとって、これを自らの力で判断する事は非常に敷居の高いものとなることが少なくありません。
クラウドファンディングで出資を募る場合には公共性や社会貢献度を前面に押し出すことが多く、この意見に賛同した投資家が出資を行う形が多いため、利益が度外視されることが多いものです。
しかしその事業の継続性等を鑑みた場合には、一定の利益を得ないと継続することができない事は明白であるため、資金提供を行っても一時的なものとなってしまうことが多く、投資家本人の利益を得ることを目的とする場合にはこれにそぐわない結果となることが多くなっています。
エンジェル投資家は様々なリスクを度外視して個人に資金提供を行うものと考えられがちですが、実際にはそうではなく様々な状況を鑑みて一定の利益を上げることを前提にしないと様々な問題を引き起こすことになります。

まとめ

出資を受けた企業や個人も継続的な出資を望むことが多く、これが事業運営の根幹を担うことが多いため、投資家からの資金が滞った場合には企業の場合には倒産、個人の場合には事業継続が不可能と言う状態になることが多いものです。
そのため、クラウドファンディングであっても出資を行う場合にはこの点に十分に注意をしなければなりません。
継続的な投資を行うために、利益面での判断を確実に行うことが重要なポイントとなっています。

アパートの一括査定でより高額な買取金額が期待できます。

現在では、35年一括借り上げ制度をキャッチフレーズにしている企業もあるので長期にわたる安定的なアパート経営が可能ですが、精度の満了を迎えた時に判断に困るオーナーが多くいます。

 

リノベーションや建て替えは勇気のいる選択肢

日本経済は、バブル経済の崩壊以降25年以上にわたって低迷を続けているのでリノベーションや建て替えは勇気のいる選択肢であり、建て替えに比べて費用が非常に少ないコインパーキングや譲渡を選択するオーナーも多くいます。
コインパーキングは、立地条件によって大きく収益が異なり、駅や繁華街など利用者が見込めない立地条件では選択肢の1つにもできないのが実情です。

近年では、譲渡や取り壊しを選択するオーナーも多く、契約金額10億円までなら即日回答の翌日決済と非常にスピーディーな対応を実施している買取企業もあります。

そのため、スピーディーな処理が必要となる任意売買取引を行う際には非常に利便性が高く、任意売買だけでなく共有・相続問題や権利トラブルなど法律相談を実施している企業がほとんどです。

 

アパート買取は仲介企業を通した方が安全

アパートは、中古住宅と同様にオーナー自身も気づけない箇所に不具合や破損など重大な過失が契約後に発覚することも少なくないので仲介企業を通した方が安全であり、物件の状態が悪くても買い取っている企業もあるので自己判断で諦めずに幅広い企業に相談すべきです。

特に首都圏や大都市圏では、築古の老朽化した物件を専門で買い取っている企業が複数あり、築古の老朽化した物件でも好条件の物件と同様にスピーディーな対応をしてくれるので利便性が高く安心です。

オーナーは、大切な資産を手放すので安心安全なイメージのある大手企業に依頼しがちですが、大手企業と新興企業で買取金額に数千万円の違いが出てくることがあります。

参考→アパート買取 高額

 

再販以外の方法で物件の価値を高めている企業も

買取金額は、リフォームやリノベーションなどによって物件価値を上げて再販する力によって大きく異なりますが、民泊事業や賃貸事業など再販以外の方法で物件の価値を高めている企業もあります。

オーナーは、より高額の見積もりを得るために1社1社問い合わせて回る手間や各企業の営業担当への対応も精神的にも肉体的にも大きな負担となりますが、一括査定サイトなら1,000社を超える優良企業の中からオーナーに適した企業の見積もりが得られるので非常に便利です。

一括査定サイトは、住所や物件種別を入力するだけなので非常に簡単であり、現在の相場ではなく再販時の相場を見越して他企業よりも高額の見積もりを提示する企業もあるので試してみる価値があります。
 

安全に金地金を積立できる株式会社ゴールドリンク

●ゴールド積立とプラチナ積立の2つのプラン

株式会社ゴールドリンクは、誰でも無理なく純金の積立などができる環境を提供しています。
ゴールド積立とプラチナ積立の2つのプランがあり、どちらも世界的に希少な金属であることから長期的な投資先として最適です。

世界経済を動かしている大国であるアメリカや中国では普遍的な価値がある純金を集めており、国の経済力としての信用を支えています。
個人でも純金やプラチナを保有することが可能で、信頼できる貴金属を扱っている株式会社ゴールドリンクであれば厳格な管理に基づいた積立で資産を増やせます。

世界が大きく変わった過去の世界大戦や東西冷戦では、各国の信用力が不透明になったことで通貨の価値が乱高下しました。
しかし、昔から産出量が限定されているゴールドとプラチナについては、法定通貨とは異なって安定した価値を維持していたのが事実です。

むしろ、政情不安でゴールドとプラチナの価値が高まり、年々価格が上昇するという事態にもなりました。
ゴールドは資産や宝飾品として、プラチナは主に産業用の触媒といった工業用品に使用される違いはあれども、社会が不安定な場面でも高い価値を持つことは歴史が証明しています。

日本の主要都市に拠点がある株式会社ゴールドリンクは、窓口でも相談しやすいのが特徴です。
フリーダイヤルやメールアドレスでの相談も受け付けているので、自分に都合が良い時間帯に相談できます。

普段は馴染みがないゴールドやプラチナの積立がいかに魅力的でメリットがあるのかについて、担当者から詳しく教えてもらいましょう。
不動産や有価証券は情勢によって価値が下がることもありますが、金地金については紀元前から安定した価値を保ってきた実績があります。

●税金対策として毎年の控除の範囲内で少しずつ贈与していける

子供へ相続をする際には、できるだけ税金を抑えることが大切です。
金地金を少量に分割できる株式会社ゴールドリンクのサービスを利用すれば、税金対策として毎年の控除の範囲内で少しずつ贈与していく方法も選べます。

長い年月をかけて積み立ててきた貴金属をスマートに委譲できれば、家族の生活を助けるのと同時に、税金によって目減りすることなく資産を増やしていけるので代を重ねる毎に金持ちへと近づいていくことが可能です。

主要な商品となっているゴールド積立とプラチナ積立は、それぞれ名称にもなっている貴金属を定期的に積み立てます。
市場でそのまま売買が可能な現物として購入をする時にはまとまった資金が必要ですが、積立は月々の費用を固定するので価格変動による影響をあまり受けません。

相場の変動に関わらず常に一定の費用で買うので、安い時には多く購入して、逆に高い時には少なく抑えるという自動的な調整になります。
長期的に続けると最適なバランスで価値が高い貴金属が増えていくので、そのまま資産の一部として保有し続ける他に、値上がり時に売却して現金に換える選択肢も得られます。

●支払いに困って手をつけることがない分を積立に回すこと

ゴールドやプラチナの積立は、余剰資金の一部で行うのが鉄則です。
たとえば、子供が進学するからまとまった資金が必要になり、途中で積立を解除して現金に戻すとせっかくの効果が薄れてしまいます。

支払いに困って手をつけることがない分を積立に回すことで、長い人生をかけた長期的な投資運用になります。
自分の老後の生活費として若いうちから株式会社ゴールドリンクでゴールドやプラチナの積立をする方が増えており、税金を気にしながら相続するだけの資金がある場合はゴールドやプラチナに変えて毎年少しずつ子供へ渡すケースもよくあるのが特徴です。

ゴールドやプラチナの価格は、国際的な市場によって決まります。
リアルタイムで変動しているため、チャートで見るとかなりの上下があることが分かります。

投資家は貴金属の相場に対して売買を行っているものの、一般人にとっては素直に価値があるゴールドやプラチナを積み立てた方が堅実です。
現物として残る貴金属は、仮に日本円の信用が下がった局面でも世界的に通用する資産として活躍してくれます。

●コツコツと少額の現金で積み立てられるからお得

古今東西の富裕層がこぞって金地金を求めているのは、他の要因に左右されない絶対的な価値があるからに他なりません。

現在でこそ世界中で通用する仮想通貨といった新たな存在が出てきましたが、それでも金地金はあらゆる場所で通用する資産です。
海外の大部分で通用する米ドルですら使えないエリアであっても、ゴールドを出せば応じてくれるぐらいの信頼があります。

株式会社ゴールドリンクの積立プランなら、コツコツと少額の現金で積み立てられるからお得です。
自宅に高価な金地金を保管するのは不安がある方でも、貴金属の相場や事情をよく知っているプロがしっかりと分別保管をしてくれるので安心して資金などを預けられます。

信用できるパートナーを選ぶのが、ゴールドやプラチナへの投資を成功させるコツです。
さっそく公式サイトのチェックや問い合わせを行い、詳しい説明やどのような積立プランが有効なのかを調べてみましょう。

結果を出しやすい証券会社を選択しよう

実際の取引で必要になる使いやすさを比較する

証券会社によっては、取引における利益の生じ方が全く異なります。

優良な会社を選択すればそれだけ効率的に利益を出すことができますが、それほどサービスが充実していない会社を選択するとあまり大きな利益を出すことができなくなってしまう可能性もあります。

では、具体的にどういった点を比較すれば良いのでしょうか。

まず重要になるのは、実際の取引で必要になる使いやすさの問題です。

例えば、証券会社によってはサービスとして取引専用のツールが提供されているところもあります。

基本的に、株取引を行う際には相場を見て予測を行っていく方法と、経済的な事情を把握して結果を出していく方法の二つがあります。

これらのうち、相場を見極めて予測をしていく方法で利益を出す場合には、相場の予測を効率的に行うことができる分析ツールが必要になります。

相場の変動はチャートというツールによって誰でも簡単に見ることが可能なのですが、実はそのチャートを分析するためのツールに関しては証券会社によってかなり異なります。

最低限の機能しか搭載されていないものも存在しますし、場合によってはものすごく高性能なツールが提供されていることもあります。

これらのサービスを使いこなせば、利益の出方に大きな違いが出てくるのは当然です。

実際に、チャートを利用した取引手法は世界でもメジャーな手法になっています。

こうした方法はテクニカル分析といいますが、テクニカル分析に必要な分析ツールが存在しないことには、満足な相場の予測ができません。

分析ツールが充実した証券会社のサービスを探すことが非常に大切

そのため、株取引を客観的なツールを利用して行っていこうと考えている人は、こうした分析ツールが充実したサービスを探すことが非常に大切になります。

一方で、それ以外にも取引そのものに重要なサービスを提供している証券会社も存在します。

例えば、手数料です。

株取引では、大きな金銭で取引を行うときに莫大な手数料が必要になることがあります。

特に、株取引には自分の資産を倍掛けにして取引が可能な信用取引という手段が存在します。

信用取引を利用すると、それだけ必要になる手数料も大きくなることを意味するため、必ず手数料に関する比較は行っておかなくてはいけません。

信用取引の手数料の無料化

実際に、手数料に焦点を当てたサービスとしては信用取引の手数料の無料化が存在します。

信用取引の手数料を一日の中で限定的に制限することによって、取引で利益を出しやすくしてくれているわけです。

こうしたサービスを使えば、他の投資家と比較して大きな利益を出すことができます。

また、同じ信用取引の比較として大切になるのが貸与株に関する充実差です。

株取引が他の投資と大きく異なるのは、実は自分で株を保有していなくても株取引に参加できるシステムが存在することです。

このサービスを、空売りといいます。

文字通り、持っていない株を売ることを意味するため、空の状態で売って利益を出していきます。

なぜこのようなことができるのかというと、自分が持っていない株を証券会社から借りることができるからです。

自分が売りたいと考えている株を借りることで、その株の売買益によって儲けを出すことができるようになります。

もちろん、売った株は買い戻さなくてはいけませんが、相場の流れを予測することで持っていない株を簡単に売却できるため、非常に人気の高いサービスとして定着しています。

しかし、実際に空売りを利用するにしても肝心の売りたい株をその会社が保有していなければ全く意味がありません。

貸与株に関しては、その会社が保有している株によって売却できるものが異なってきます。

例えば、投資の中でも得意分野と不得意分野が存在することが多いですが、その会社が保有している株が自分の不得意分野に関する会社の株しかない場合には、そこで勝負をしなくてはいけなくなります。

これは投資としてはかなりリスクの高い行動になってしまいます。

そのため、実際に取引をしようと考えている人はその会社がどのような株を保有して、信用取引を提供してくれているのかを確認しなくてはいけません。

これらのサービスと比較して、一つだけ気をつけておかなくてはいけないこともあります。

口座の種類に違いはなく、口座以外のところを比較した方が良い

それは、口座の開設に関してです。

基本的に、日本国内の業者で株取引を利用する際には、口座の種類に違いは存在しないです。

ただし、開設するときには初めから税金分の徴収を行ってくれるサービスとそうではないサービスを選択しなくてはいけません。

税金分をはじめから徴収してくれるサービスは特定口座と呼ばれているものです。

特定口座は、それぞれの証券会社の独自のサービスというわけではなく、法律的な決まりごとでより簡単に投資家が取引をできるように考えられたものです。

ですから、株取引のサービス内容で比較する際には口座以外のところが比較したほうがわかりやすいです。

信用取引やチャートツールなどの優劣は会社ごとに最も違いが出るものですので、注意深く精査することが大切です。