インプラントの歴史とメリット・デメリット

「インプラントの歴史が知りたい」
「インプラントのメリットとデメリットが知りたい」
「現在インプラント治療を考えている」

歯科治療でおこなわれるインプラントはなにかの理由で歯を失ったときに、その代わりとして人工の歯を埋め込む治療です。
もともと医療器材を人体に埋め込むことの総称で、心臓に埋め込むペースメーカーや人工関節なども該当します。
歯科で用いるものは歯科インプラントといわれますが、普及に伴いインプラントといえば歯科に用いられるものという認識が一般的です。

インプラントの歴史

新しいもののように思われがちですが、その歴史を振り返ると古代ローマ帝国時代の遺骨や南米でも見つかっていることからかなり前から歯科治療に用いられていたことがわかります。
現在につながる治療は1901年に歯科医師が白金イリジウム製のものを考案し、その後改良され1913年代には現代に通じるものが生まれています。
現在治療に用いられているものは、1950年代にチタンと骨が拒否反応を起こさず結合する事実が発見されたことによります。
その後、研究を経て1960年代から人への応用が始まり、今に至ったいきさつがあります。

インプラントの構造

インプラントの構造は3つから成ります。
失った歯の顎の骨に埋め込む人工歯根、その上に取付ける土台、そして上に被せる人工歯です。
顎の骨に埋め込む人工歯根やその上に取付ける土台の素材は多くのメーカーがチタン、もしくはチタン合金を採用しており、その理由は人体との親和性が高い、金属アレルギーをおこしにくいなどの理由です。
現在世界に流通しているものは100種類を超えるとされていますが、国内で販売を許可されたものは国内外のメーカー合わせて30社程で、その中でも歴史と実績を考慮して信頼度が高いとされるのは数社に絞られます。

治療方法

実際に歯の治療をするときは、どういう治療が良いのか迷うこともありますが、失った歯の本数や口の状態などで、治療法が違うことを知っておきます。

ブリッジ

従来からある治療法のひとつにブリッジがありますが、これは失った歯の両側の歯を大きく削ることで支えにして、連結された被せ物を接着します。
被せものがブリッジのように見えることからこのように呼ばれますが、利点は入れ歯のようにぐらつかない、違和感がなく安定してものが噛めることです。
ただ問題として支えとなる歯を大きく削るため支えとなる歯に大きな負担がかかり虫歯や歯周病になりやすい、歯のない部分の骨が痩せてくる、被せものが壊れてしまうなどのトラブルが生じる可能性があります。
こうした場合ブリッジが使えなくなることもあるため、その場合は再製作や他の治療法を考えることが必要です。

入れ歯

入れ歯は歯茎だけになった部分に人工の歯を並べたブラスチック製の歯を被せる方法です。
失った歯の本数により部分入れ歯と総入れ歯があり、部分入れ歯は針金を用いて周辺の歯に引っ掛け安定させます。
総入れ歯と比較すると違和感は少ないですが、針金をかける歯の負担になり、周辺部分の衛生を保つのが難しく虫歯になりやすいため早くだめになってしまう可能性もあります。

総入れ歯

総入れ歯は歯が残っていない、歯の根だけが残っている場合に用いられます。
歯茎にぴったり合う形状のものを作り吸着させることで安定させます。
部分入れ歯のようなリスクは少ないですが、違和感は大きく上手くフィットしないと外れやすい、上手くものを噛めない、痛みがあるなどの問題が生じます。

インプラントのメリット

この点、インプラントであれば入れ歯やブリッジのように健康な歯に負担をかけることがないです。
失った歯の代わりに人工歯根を埋め込むため、独立して機能を果たすことができるからで、ものを食べるときも入れ歯を装着しているときに感じるような異物感や味覚障害といったことが起きにくく歯を失う前と同じように食事をすることができます。
また見た目が不自然になることもなく、噛むときの力が土台の骨に伝わるので骨が吸収されて歯茎がやせるといった心配もないと考えられます。

公的医療保険が適用されないので全額自己負担

ただしどんな治療法もそうであるようにリスクもあるので、治療を考えている場合は事前にしっかり理解することが大切です。
まず公的医療保険が適用されないので全額自己負担になることです。
条件を満たせば公的医療保険を適用できますが、一般的には自費診療です。

手術をおこなう必要がある

手術をおこなう必要があることも知っておきます。
治療には顎の骨にインプラントを埋め込む外科手術が必要なので術後に痛みや内出血を伴うことがあります。
また手術中に血管を傷つければ出血を起こすこともありますし、神経を傷つける可能性もないとはいえないです。
糖尿病や高血圧、骨粗鬆症のような疾患をもっている場合は疾患のコントロールが難しくなるので治療ができないこともあり医師とよく相談する必要があります。

まとめ

費用がかかりメリットだけでなくリスクも伴う治療ですが、適切に手入れをすれば長く使用することができます。
口の中の健康状態は生活習慣によって違いますが、10年後も使用し続けている確率は90パーセントを超えるという結果も出ています。
自宅でおこなうセルフケアと歯科医院で行うプロフェッショナルケアを併用して口の中の状態を良好にすれば、長く持たせることができます。

青汁の効果について説明します

青汁は、緑黄色野菜を絞って作られた飲料になり、豊富な栄養素が入っているので体に良い飲料になります。
使用されている原料は、ケールや大麦若葉・明日葉・桑の葉などの緑黄色野菜が使われていることが多く、野菜不足の方などが飲用することで1日の必要な野菜を手軽に摂取することができるのです。

青汁の成分

ケールにはビタミンAが豊富に含まれいて、大麦若葉には食物繊維には豊富に含まれている野菜になります。
桑の葉には牛乳の24倍のカルシウムが含まれていて、鉄分も豊富にあります。
明日葉にはビタミンB12や豊富な食物繊維などの成分が含まれています。
緑黄色野菜によって効果が違ってくるので、青汁の商品を選ぶ際には、どのような緑黄色野菜が使用されているのかチェックしてから購入することをおすすめします。

青汁のタイプ

青汁の種類

青汁にはドリンク状で販売しているものや、粉末タイプ・冷凍タイプなどがあります。

ドリンク状

ドリンク状になっているものは、手軽に摂取することができるので人気があります。

粉末状

粉末状のタイプはお水などで溶かして飲むことができます。
ドリンクタイプとは違って、かさばらないので収納場所に困ることがなく、持ち運びすることができるので、旅行などに持って行くことができます。
粉末状のものはすっきりした味で飲みやすいといった特徴があり、牛乳や豆乳とブレンドすることもできるので苦い味が苦手な方や、癖のある独特な味が苦手な方は、牛乳や100パーセントオレンジジュースなどで割ることで飲みやすくなるのでおすすめです。

冷凍タイプ

冷凍タイプのものはケールや明日葉を絞って冷凍しているので、加熱処理がほどこなれていないことが多く、加熱処理をする粉末タイプに比べて、製造過程で栄養素が失われるリスクが減る点が、メリットになります。
冷凍タイプは緑黄色野菜100パーセントで添加物など入っていないことが多いといった特徴があります。
素材の風味をそのまま味わうことができ、フレッシュな状態で飲用できることも冷凍タイプの魅力になります。
それぞれのタイプによって、メリットが違ってくることになります。

【参考】青汁飲みやすい

青汁には健康に良い効果がある

青汁の効果

青汁には健康に良い効果があると言われています。
薬と違うのですぐに効果があらわれるものではなく、持続することで効果を実感しやすくなるものになります。
使用されている緑黄色野菜には、ビタミンやミネラル・食物繊維など豊富に含まれていて、人間が生きていく上で必要としている栄養素ばかり含まれています。
βカロテンやビタミンC・ビタミンEが豊富に入っているので、美肌効果を期待することができます。
これらの成分は抗酸化作用があるので、体の酸化を防ぐ働きがあり、アンチエイジング効果があります。
特にビタミンCは、肌のターンオーバーを正常化して、コラーゲンの生成を促す働きがあるので、ハリのある肌に導くことができる成分になります。
食物繊維は大麦若葉やケールに多く含まれています。
食物繊維を摂取することで、腸の動きが良くなって、便秘の改善効果を期待することができます。
腸の中に老廃物がたまっていると、さまざまな病気の原因になったり、肌トラブルの原因になります。
また便秘が解消することで、腸の中がきれいになってダイエット効果期待できます。
緑黄色野菜の中にはカリウムが含まれているので、体内の水分バランスを整える作用があるのlで、むくみの改善効果があります。
たくさんの緑黄色野菜を摂取することができるので、血液をサラサラにする効果もあり、動脈硬化などの予防にも良いとされているので、生活習慣病の予防の効果があると注目されています。

飲む頻度やタイミングについて

飲む頻度ですが、毎日飲用することが望ましいとされています。
青汁を飲用する一番の目的は不足している野菜を摂取して栄養素を補うことなので、毎日日課にして飲むようにすると野菜不足を解消することができます。
飲用するタイミングはいつでも良いのですが、栄養素をより吸収させるには起床後が良いとされています。
起床後は空腹の状態で飲用するので、常温で飲むことをおすすめします。
食前に飲用することも良いです。
食前に飲むことでお腹が膨れるので、食事の食べ過ぎを防ぐことができます。
就寝の2時間や3時間前に飲用することもおすすめです。
睡眠中にはたくさんの汗をかくのでミネラルが豊富に含まれているケースが入ってるものを飲むようにすると良いです。
ビタミンKが含まれているのでワーファリンの作用を弱めてしまう可能性があるので注意する必要があります。
ワーファリンなどの血液をサラサラにする薬を内服している方などは、医師に相談してから飲用することをおすすめします。

まとめ

青汁を毎日飲んでいるからといって、野菜をまったく摂らなくても良いものではなく、あくまでも食事で補うことができなかった栄養素を補うためのものになります。
毎食の食事は栄養バランスのとれた食事を摂取するように心がけることが、健康維持へ繋げることができる大切なことになります。

青汁に魅力と注意点

「青汁」と聞くと、美味しくないけど健康に良い飲み物。
そんなイメージをお持ちの方が多いことでしょう。
一方で、実際にどのような栄養成分が含まれているか。
また、なぜ健康に良いのかを知っているという人はごく少数なのではないでしょうか。
もちろんその詳細はそれぞれの商品によって異なりますが、ここでは一般的な青汁に含まれる魅力的な栄養成分を紹介します。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれている

さまざまな魅力的な栄養素が含まれる中でも、体内で合成できない成分である一方で人が健康的に生きていくために欠かせない栄養素「ビタミン類」がまずその代表的な栄養素としてあげられます。
そのビタミンの種類も多岐にわたり、ベータカロテンやビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEなどが一般的です。
また、ミネラルも豊富に含まれます。
なお、人の体はミネラルが不足してしまうとさまざまな不調が引き起こされることが知られています。
その中でも特に、毎日の食生活だけでは十分な量を摂取しにくいカルシウムや鉄分が多く含まれる点も青汁の大きな魅力と言えます。
さらに、抗酸化作用と言われる活性酵素を除去する働きを有するポリフェノールやフラボノイド、クロロフィル、さらには腸内環境を整え美容やダイエットに良い影響を与えてくれる食物繊維なども多く含まれます。

(参考)青汁 乳酸菌 効果

しっかりとその成分の詳細を確認してからにすることが重要

このように、青汁には健康をサポートしてくれるさまざまな栄養成分が含まれることがおわかりいただけたのではないでしょうか。
一方で、世の中にある数多ある商品の中には添加物が含まれていたり原料の生産地がわからないものや農薬が多く使われているものなども多くある点には注意が必要です。
つまり、その商品を購入する際にはしっかりとその成分の詳細を確認してからにすることが重要です。
なお、大麦若葉100%など添加物が一切含まれない商品を飲んでいる限り副作用が生じることはまずありません。
でも、その健康被害は確実に存在します。
一方で、そのような健康被害の多くの原因が飲みすぎにあると言われています。
確かに健康に対する良い影響を期待できる存在ではありますが、食事をおろそかにしてしまっては意味はありません。
青汁を飲んでいるからと言って野菜を全く食べなくても良いというわけではありません。

まとめ

短期間に大量と飲むのも厳禁です。
健康のために推奨された1日1から2杯をきちんと守り、そのうえで飲み続けることが重要です。
そうすることではじめてその恩恵が受けられます。
注意しましょう。

質のよい睡眠には枕が重要!

▶️睡眠は私たちの健康にとってもとても重要

人生の3分の1の時間は眠っているともいわれており、睡眠は私たちの健康にとってもとても重要です。
そのような睡眠はできるだけ質の高いものにできれば、翌日の調子もよく、元気に一日が過ごせます。

しかし、その反対に、睡眠の質がよくなかったり、あまりぐっすりと眠れなかった時には不調を感じたり、調子も今一つでないといえます。
そのような点で、睡眠の質に影響を与えるのが寝具です。

その中でも、質のよい睡眠を得るためには、枕も重要な要素となっています。
よく、枕が合う、合わないなどといわれていますが、このアイテムが全然合わないとぐっすり眠ることは難しいといえます。

そうなると質のいい睡眠をとることは難しく、翌朝疲れた状態で起床して一日を過ごすということになってしまいます。
つまり、このアイテムは眠りの質を左右するような重要なアイテムなのです。

枕には質の高い睡眠を得るためにはなくてはならないアイテムですが、合わない枕を選んでしまうと首が痛くなったり、頭痛や肩こりなどの原因になったり不眠症を引き起こす原因になってしまうのです。

また、このアイテムは自分に合ったものを選ぶ必要があるのです。

▶️自分に合った枕を選ぶポイントは?

では自分に合ったものはどのようにして選べばいいのでしょうか。

この点については、正しく立った姿勢をそのまま寝かせた姿が保てるように選ぶということがポイントだといわれています。

枕おすすめより引用

この姿勢が身体に最も負担を与えない寝姿勢だといわれているのです。
このような姿勢は正常立位姿勢と呼ばれます。

まっすぐに立ったときに、耳と肩、腰とひざ、そして足のくるぶしの部分が一直線に並んでいるという特徴がある姿勢です。

8時間近い睡眠時間の間、このような姿勢が保てるように選ぶということで、身体全体の緊張を和らげるという点とストレスを軽減するというメリットが得られるといわれているのです。

このことは言い換えると、頸椎の部分を安定させるということにもなります。
頸椎部分が不安定だと身体に負担が生じやすく、気道が狭くなったりしていびきなども増えて、ゆっくりと睡眠をとりにくくなるということなのです。

▶️S字カーブが変形するような姿勢になってしまうと負担がかかりやすい

人間がまっすぐの姿勢で立った時には脊椎が軽いS字を描くS字カーブが見られます。
このカーブの状態が維持されていると、腰にかかる負担も分散され、身体に負担を与えないバランスが保たれるのです。

しかし、そのようなS字カーブが変形するような姿勢になってしまうと、体を支えている部分に負担がかかりやすくなります。
そうなることで腰痛になったり肩こりになったりするのです。

また、全体的にバランスが維持されていた部分の一つでもある首の部分のカーブも崩れてしまい、首に負担がかかってしまうということになってしまうのです。

このカーブがバランスを崩してしまうとそれをカバーしようとして他の部分にも負担がかかってしまうのです。
このような点が悪循環となっていくと、腰痛が酷くなったり首の痛みが生じたりするなど不調の原因になって行ってしまうといえます。

そのため、寝ている時の姿勢はできるだけ、このS字カーブを維持するような姿勢ということが大切なのです。

▶️まくらの高さがポイント

そして、まくら選びでは、まくらの高さがポイントになるといわれています。
正常立位姿勢をきちんと保てるような高さのものを選ぶことと、寝返りをうつときにも、寝返りがスムーズにできるような高さのまくらが必要なのです。

さらに、まくらは他の寝具と合うものを選ぶということが必要になるのです。
そのため、敷き寝具も正しい姿勢を保つという点でも重要な要素です。

敷き寝具は布団やベッドなどがあります。
その寝具に合うまくらは敷き寝具の種類によっても変わってくるのです。

そのため、まくら選びは敷きふとんに合わせて選ぶことが大切になり、その点も自分に合った枕選びのポイントになります。

眠る時はいつも何気なくこのアイテムを使用しているという人も多くいますが、このアイテムの果たす役割を知って、もっと自分に合うものを探してみるのもおすすめです。

▶️枕選びは敷き寝具と合わせて考えるということも重要

このように人生の長さの約3分の1を過ごすともいわれている睡眠時にこのアイテムは睡眠の質を左右するともいわれ、とても重要な役割を果たしています。

できるだけ質の高い睡眠をとるという点でもこのアイテムは自分に合ったものを選ぶということが大切です。
そのためには、このアイテムの高さがポイントといわれています。

しっかりとS字カーブを維持できるような高さのものを選ぶ必要があるといえます。
また、枕選びは敷き寝具と合わせて考えるということも重要です。

少しでも質のよい睡眠が得られるよう、寝返りという点も考慮して自分にピッタリと合うものを探すようにしましょう。
その際、素材や材質などにもこだわって探すとより充実した睡眠を得られるようなアイテムを探すことができるといえます。

睡眠は私たちの健康にとってもとても重要で、できるだけ質の高い睡眠をとることができるようにしましょう。

ヴィトックスαの効果と飲み方

男女

ペニス増大効果が期待できるヴィトックスα

男性のコンプレックスとして多いのが、ペニスの大きさです。
ペニスの大きさはコンプレックスになってしまいますが、なかなか人に相談しにくいことでもあるため、コンプレックスを解消できないという人は多くいます。

人に知られずそんな悩みを改善できる方法して人気なのが、増大サプリを利用することになります。
増大サプリにもいろいろなものがありますが、中でも人気なのが「ヴィトックスα」になります。

人気のヴィトックスαでしたが、最近ではリニューアルして黄金比率だった成分を100種類以上の成分を追加してシトルリンを2倍にした「ヴィトックスα extra edition」として販売しています。
このリニューアルされたヴィトックスαは、動物系、植物系、ミネラル系の成分他、今話題のレスベラトロールという成分を配合しています。

動物系の成分

【シトルリン】

具体的な成分の効果としては、まずシトルリンが挙げられます。
従来の2倍配合されたシトルリンは摂取することによって体内で一酸化窒素を作り出し、血管を拡張して血行を促します。

血流を促進することができればペニスの大部分である海綿体という組織にも血を送り出しやすくなり、栄養や酸素を行き渡らせたり、ボッキ力を向上させて増大へとつなげていきます。

また、疲労回復や筋力増強などの効果も得られるというのが嬉しいポイントです。

【アルギニン】

シトルリンの効果を高めるアルギニンも配合されています。
アルギニンはアミノ酸の一種で、血流を改善したり疲労回復を早めたり作用があります。

セレンにも血管拡張作用があります。
海綿体に多く血液を流すことができ、簿記力も高くします。抗酸化作用もあることから活性酸素を除去してアンチエイジングにも役立ちます。
また、免疫力の向上やがん・心筋梗塞の予防にも良いとされています。

【亜鉛】

亜鉛はセックスミネラルとも呼ばれており、男性の性機能を高めることができるほか、男性ホルモンを増やす効果を得ることができます。
細胞分裂の際には重要な働きもしますので、積極的に取りたい成分といえます。
ほかにも、クロムやビタミン類など効果的なミネラル系の成分が配合されています。

【マムシ】

動物系として有名なのがマムシです。
マムシは精力ドリンクや精力剤にも使われている昔から滋養強壮として効果的な成分になります。

マムシ自体はペニス増大に直接働きかけるわけではありませんが、約20種類もの豊富なアミノ酸が増大のサポートをします。
アミノ酸自体海綿体の増殖にも必要なため、ペニスを成長させるためには海綿体の細胞を増やすことが必要です。

つまりマムシを摂取することで効率良くペニスを増大をサポートしてもらえます。

【すっぽん】

すっぽんも配合されています。
すっぽんも滋養強壮に良いとされていますが、これはビタミンBやアミノ酸がエネルギーを作りやすい環境にする働きがあるためです。

また、すっぽんに含まれている鉄分が貧血などを予防します。
亜鉛も多く含まれるためで精子を作りやすくなります。

【サソリ】

サソリも増大サプリにはよく配合される成分です。
男性ホルモンの分泌を促進させたり、アミノ酸が血流を促して勃起力を高めます。
それ以外にも鉢の子やトナカイ角、馬睾丸、クジラエキスなどが含まれており、豊富な栄養素が血流を促したり、疲労を回復したりします。

植物系の成分

動物系ばかりではバランスは悪くなってしまいます。
そのため植物系の成分も豊富に含まれています。

【レスベラトロール】

まず注目したいのがレスベラトロールです。
ブドウの皮などに含まれるポリフェノールの一種で、サーチュイン遺伝子との関係が注目されています。

サーチュイン遺伝子は長寿遺伝子とも呼ばれており、これを活性化することで老化の進行を妨げられるとされいます。
ペニスを含めて全身の細胞を活性化させる作用があり、そのためペニスの機能を高めたり成長を促す効果が期待できます。

【マカ】

増大サプリによく配合される、マカも配合されています。
マカは南米ペルー原産の植物で、ミネラルやたんぱく質、亜鉛やアルギニンなどの栄養素が豊富に含まれています。
必須アミノ酸なども含まれており、血行を良くする効果が期待できます。

【トンカットアリ】

トンカットアリも配合されています。
貴重なハーブですが、男性ホルモンの一種であるテストステロンが含まれているためペニスを増大させたり、精力を向上させる効果が得られます。
他にも様々な、植物系が配合されていることで他の成分のサポートなども期待できるのです。

1日に1〜3粒を飲むのが最も効果的

このような成分の配合されているヴィトックスαですが、用法用量を守ることで効果は発揮します。
1日に1〜3粒を飲むのが最も効果的だとされています。
飲む量は自分の体型や年齢に合った量を飲むことが大切です。

また、サプリメントの効果を高めたいという場合には生活習慣から見直す必要があります。
タバコを吸っていたり、過度の飲酒をしているという場合には体の血行は悪くなっている状態のため、サプリの効果が悪くなってしまいます。
タバコなどはあまり吸わないようにして、日頃から血流を良くすることを意識することが大切です。

出典:ヴィトックスαの口コミより