関井さんはじめ多様化している芸能ニュース

芸能ニュースの歴史を紐解くと、段々と多様化していることがわかります。

ここ最近は芸能人の不倫に関する話題が多いですが、以前の方がこうしたものが多く、しかも、生々しい話まで繰り広げられ、お茶の間の話題を独占していました。

これは新聞でも同様であり、雑誌媒体などでもさらに生々しい話でいっぱいとなるなど、そこまで何も報道しなくていいのではないかという話題が取り上げられることもありました。

特に雑誌を巡っては芸能人と雑誌社のバトルが問題となることもあり、こうしたことがのちに大きな影響を与えることとなります。

参考・・・関井圭一

関井圭一さんについてのニュース

芸能ニュースの多様化は視聴者の意識の変化にも表れています。

視聴者としては、基本的に不倫どうこうの話題、熱愛の話題はうんざりしており、そんなことはどうでもいいと思う人が多いですが、一方で食い入るように見てしまう人も多くいます。

いわば無関心と呼ばれる視聴者層が少なくなりやすいのが不倫や熱愛などの話題であり、以前であればそれでも成立していましたが、最近は本当にこうした話題がうんざりで、こうした情報を取り扱わない番組にチャンネルを変える動きが強まっています。

こうした動きを見て、芸能ニュースも多様化しています。

映画のプロモーションなどでは、出演者に関する話題が取り上げられ、そこでの話題をかいつまんで紹介するようなニュースが増えています。

キャッチーな話題を提供し、1分程度の芸能ニュースとなっていきます。

ワイドショーなどを見ると、政治的な話題でも視聴率を稼ぐことができるというのがわかり、それ以降は政治の話題を面白おかしく取り上げたり、社会問題となっている話題で番組を作ることもあります。

そうなると、芸能ニュースに与えられる時間は限られ、1分程度で収まるようなものの方がウケがよく、重宝されるというのが現状です。

ところが、こうした動きが映画のプロモーションそのものに影響を与えています。

結局、こうした番組に取り上げられるかどうかは、誰もが知っている人でなければ成立しません。

そんな時に、映画の内容に合わせたようなプロモーションを仕掛けても、取り上げてくれない可能性があります。

もちろん、ネットで運動を展開していけばそれでいいはずですが、映画配給会社の多くはテレビの影響力を信じているため、取り上げてもらえるようなことをしたいと思い、安全策に走るようなことをしがちです。

関井圭一さんは最近どんなことが話題に?

そうなると何が起こるかといえば、映画の内容に関係のないプロモーションをしてしまうということになります。

映画はシリアスで、戦争の生々しさを表現したようなものなのに、それと全く関係のないリアクション芸のようなことをするというものが過去にありました。

こうなると、ただ単に映画名が宣伝されればいいということになり、肝心の中身が伝わらない恐れがあるほか、その乖離に対し、映画を心待ちにしていた人の反発を生み、結果として逆効果に終わることもあります。

それでいて、思ったほどの効果を得られないという問題もそこには秘めています。

以前よく行われていたのは、ワイドショーで話題となっている人を呼び、質問をしたいマスコミを呼び、肝心のことを聞こうとしたら質問を制止されるというものです。

こうすると、最初だけ効果がありますが、段々映画そのものよりも、どれだけマスコミを呼ぶことができたかという部分になってしまい、結局、思ったほどの効果を得られないということになっていきます。

海外から映画宣伝のために主役を呼ぶことをせず、お笑い芸人やアイドルがお茶を濁すようなプロモーションしかできない背景には、芸能ニュースが関係しています。

関井圭一さんの情報はネットで検索すれば出てくる

一方では、特定の事務所に所属するタレントのことは取り上げないようにしようという忖度が現場で働きやすくなっています。

ドラマに出演している俳優の事務所を怒らせると、次からその主役に出てもらえない可能性が浮上します。

特定の事務所の俳優、タレントをすべて引き上げられてしまうということになれば、局として大問題となってしまうため、ならば、特定の事務所の話題には触れないようにするという動きが出てくるのは自然です。

しかし、近年はネットの声というものが強く出てきたため、こうしたことはすぐにバレ、逆にマイナスになります。

こうした今までの動き、そしてこれからの動きというのは、多様化するメディアの動きにも直結する話です。

ネットの力が強まり、テレビや雑誌など既存の媒体への反感が今までのニュースのあり方を左右することになります。

まとめ

リスクを恐れ、テレビのニュースも人畜無害で、ノンリスクな話題を選びがちである一方、ネットは多少偏りを見せ、特定の人に熱狂的に愛されるものへとなっています。

そうなると、より一層、こうしたニュースに対して警戒をしていく必要があります。

ニュースの種類に問わず、作り方は似てくるため、好き嫌いをなくし、フラットに見ていくことが求められます。

次世代エネルギーとして注目される洋上風力発電

地球環境のことを考えて、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの普及が推進されています。
しかし、そういった取り組みとは裏腹に多くの課題から、原子力発電や火力発電などに頼らざるを得ません。
そんな中で今注目されているのが、洋上風力発電です。
ブレード(回転羽根)を風の力で動かして発電する点では、陸上風力発電と同じです。
しかし、陸と海で大きく違うのは設備を設置できる場所が海のほうが多いことです。

風力発電の問題点

風力発電のブレードは、相当な勢いの風が吹かなければ力が足らずに動きません。
なので、陸上で設備をつくるとすれば第一の条件が、強い風が吹く場所ということになります。
それに加えて周囲に風を遮るビルやマンションがないほうが良いですし、大きなブレードが回転するので広い土地が必要です。
そういった条件を満たす場所として、強い潮風が吹き開発されていない海沿いの広い土地とか地形的に風の勢いが強くなる高地が選ばれています。

そのように陸上風力発電がいくつもできていますが、残念ながら社会を支えるだけの電力は作り出せる規模ではありません。
それは、理想的な場所が限られているからです。
国土が限られている島国の日本で、風力発電に最適な場所はあまりないのが現実です。
さらに数を増やそうとしても、物理的に限界があります。

日本は海に囲まれているので、陸地よりも選択肢は多い

それが洋上風力発電あらばどうかというと、海は一年を通して強い風が吹いています。
しかも、日本は海に囲まれているので、陸地よりも選択肢は多いです。
あと風力発電は、ブレードの回転による騒音や巨体が景観を壊すといった問題になりますが、人のいない洋上ならばそれを解決できます。
そうなれば、陸上風力発電よりも大きなブレードを取り付けて、発電量を増やすことも可能です。
普及すれば次世代の社会を支える発電施設となるでしょう。
とはいえ、克服するべき課題もあるので、運用が始まるまでの道のりはまだまだ遠いです。
その課題とはなにかというと、最初に挙げられる課題がコストです。
陸上よりも洋上に施設をつくる方が工事が難しいです。
海中に土台を作り、発電した電気を陸上までは流すためのケーブルを海底に設置します。
また、動き出したら、定期的なメンテナンスをして故障をした部品交換などをすることになります。
そういったことでかかるコストを発電で得られる利益で相殺できるまでには長い時間がかかります。

環境問題

あと、環境問題も無視できません。
騒音や景観の問題が解決できるとしていますが、それは人間が被る被害をなくしただけです。
海の中には様々生物が生きています。
発電をするときに生じる電磁波や、ブレードの回転で生まれる低周波などの影響はわかっていません。
影響というのが周辺から魚介類がいなくなるということであれば、漁で生計を立てている水産業者の生活が成り立たなくなります。
逆に本来ならば周辺に生息していない生き物が集まってくることもあります。
どうなるにしても、影響がでるとしたら海の生態系は壊れてしまうでしょう。
本当に影響がでるのかどうかを、実証実験で確認しなければ本格的な運用は難しいです。

また海は船も通行しますから、航路が邪魔される場所には設置できません。
設置前にその点はよく検討しなければ、人や物の流れが阻害されてしまいます。

再エネ海域利用法

これらの課題を克服するためには、民間だけでなく国も一緒になって解決策を考えていかなければいけません。
その後押しとなる法律が2019年に施行されました。
それが「会場再生エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律」、略して「再エネ海域利用法」です。
この法律では、海外に先行されている洋上風力発電を日本で推進するためのルールを整備を目的としています。

どのような内容なのかというと、洋上風力発電の建設をするときにやらなければいけない手続きが明確になりました。
最初に政府が基本方針を作成し、経産大臣と国交大臣が促進地域を指定します。
促進地域というのは、風の吹き方や航路への影響が少ないこと、漁業への影響が少ないことなどなど6つの条件をクリアした場所が候補になります。
促進区域の指定は年に1回程度の検討が行われることになっていますが、すでに秋田と千葉そして長崎の5海域が指定を受けています。

その促進区域では事業ができる事業者は公募されることになっており、選ばれたら最大で30年間は専有許可を得られます。
これによって、特定の事業者が他の事業者に横入りされることなく長期的な事業計画のもとで洋上風力発電に挑戦できます。
まだ先行き不透明な分野では、事業者が資金調達をしようとしてもリスクがあるので金融機関や投資家がお金を出し渋ります。
でも「再エネ海域利用法」が施行されたおかげで安定した経営が期待でき、資金が集まりやすくなります。

まとめ

このようなルールのもとで促進区域での洋上風力が行えば、事業者は経営ノウハウを獲得できますし、環境への影響などを調べるデータも蓄積できます。
そうして、新たな技術の導入をしたり改善するべき点が明らかして発展を遂げれば、洋上風力発電が日本の社会を支えるエネルギーとなる未来も夢ではありません。
Influx 洋上風力

債権回収を弁護士に依頼する

お金を貸したのに返してくれない、いつか払うなどと言って払ってもらえない、何度も支払い請求をしても無視される、相手と連絡がつかなくなってしまった、などがお金を貸すことで起こる可能性のあるトラブルです。
このように他者にお金を貸した場合、貸したお金を返せと請求する権利を債権と言います。
借用書を用意したとしても、現実にお金を支払ってもらえなければ意味のないものとなってしまいます。
約束を破ったり請求を無視する、連絡がつかなくなるような場合は、いくら債権回収を行いたくても、自分一人では難しいと考えられます。
そんな時には、裁判所に訴えることなどを考えながら、債権を回収していくことが重要です。
確実に債権を回収していくためには法律のプロである弁護士を頼ることがおすすめです。

 

債権回収を弁護士に依頼する1番のメリットとは

債権回収を弁護士に依頼する1番のメリットは、精神的負担を軽くすることができるということが挙げられます。
債権を回収する時には、どうしても債務者に対してシビアな交渉を行う必要が出てきます。
支払えない債務者にも事情があるため、債権者が強く支払いを求めるというのは難しいケースもあります。
逆に脅されてしまう可能性も考えられます。
しかし、弁護士に依頼することによって、そのような精神的負担を軽くできます。
また、事案に応じて手続きをいろいろ選択できるというのもメリットです。
任意で回収するか、強制執行で回収するべきかなど債務者の状態に応じて手段を変えられます。
場合によっては、裁判所に申し立てをする必要が出てくることもあるため、その手続き方法もわかっている弁護士に依頼すれば手間もなくなります。
債権の内容によっては、時効によって債権自体が消滅してしまうことも考えられます。
迅速に時効を中断したいというときにも、手続きをしてもらえます。

 

デメリットも確認しましょう

メリットは多いですが、デメリットもあるためそこも考えてから依頼することが重要です。
1番のデメリットとなるのが、費用がかかるということです。
内容証明郵便を送って交渉するだけでも着手金として、最低5万円ほどかかります。
裁判所を利用する場合には、着手金が10万円ほどかかるのが相場です。
回収できた金額に応じて成功報酬が発生するため、あまり債権額が小さすぎると依頼するだけで費用が大きくなってしまい、逆にマイナスになってしまうことも考えられます。
多くの回収ができる額であるかも考えて依頼します。
また、法律のプロを使って本気で回収するということは、相手との関係が修復困難な状態になってしまうことも多いです。
どうしても回収したい場合には、それを覚悟して行うことが大切です。
相手を追い詰めすぎると、相手が破産することも考えられます。
また、債権の回収方法が自分と弁護士では合わない可能性もあるため、しっかり話し合って決めることが求められます。

 

問題に詳しい弁護士に依頼することも重要

債権回収を行う場合には問題に詳しい弁護士に依頼することも重要です。
選び方としては、まず実際に依頼したことのある人がいれば紹介してもらうことが良いとされています。
しかし、そんな人が周りにいないことも多いため、ホームページや市役所などの公的機関に問い合わせてみるのもおすすめです。
チャックするポイントとしては、債権の回収を得意分野としているか、事例が豊富か、ホームページがわかりやすいかなどを見てから決めます。
気になったホームページがあったら、実際にあって相談してみます。
相性が良いのか、しっかり自分の話を聞いてくれるか、粘り強く回収してもらえるのかなどを会ってチェックします。
裁判所を活用することも考えて、法的手続きに有効な客観的資料を重視してくれる人であれば、安心して任せることができます。

暴露王による解説!夢の万馬券を的中させるために必要なポイント

1)意識的に穴馬を狙う

競馬をしているなら、絶対に当てたいのが万馬券です。

暴露王などを利用して的中すれば100円が1万円以上になり、100万円や1000万円を超えるケースも夢ではありません。

・・・暴露王競馬の口コミ

まさに一攫千金を実現できる夢の馬券なので、積極的に狙いに行く人もいるほどです。

しかし競馬のレースで万馬券が出るときは、全く人気がない馬が馬券に絡んだときか圧倒的な一番人気が大敗してしまうケースがほとんどです。

具体的には誰もが絶対に勝つと思っている大本命馬が負けたり、最近は全く成績を残せていない超人気薄の馬が激走したときなど、良い意味でも悪い意味でも人気を裏切ったときに限られると言えるでしょう。

普通に新聞などを参考に予想をしていると人気馬中心となってしまい、意識的に狙わないと穴馬は馬券に入れられません。

安全志向で硬い予想をしているとどうしても人気馬中心になってしまうので、的中させるのはかなり難しくなります。

しかし万馬券が出現するケースがある程度限られるなら、逆に言えば狙いやすくもなります。

たとえば絶対的な本命馬が存在するケースなら、徹底的に調べて死角となる部分がないかチェックすべきでしょう。

もし大本命馬に死角が存在するなら、負けてしまう可能性は低くてもあります。

そもそも競馬には絶対はありませんから、負けることを期待して大本命とは別の馬を軸にしたり、思い切って外してみるのも一つの手です。

また最近の成績が悪くて絶対にこないだろうと思われている馬でも、探せば激走する要因が見つかるかもしれません。

激走してもおかしくない要因があるなら、ダメ元で入れておくと良いでしょう。

最初からダメ元で買っていれば、走らなくても納得できますし激走すれば大きな見返りを得られる可能性があります。

 

2)購入する馬券の種類も重要

このように夢の馬券を的中させるためには、オッズを素直に信じるのではなく疑ってみることが大切です。

オッズを見て人気順に買うのではなく、自分の考えで出走馬の優劣を付けながら予想することこそ必要でしょう。

競馬では圧倒的な人気馬大敗したり人気薄が激走するケースは多々あるので、オッズに騙されないことは重要です。

万馬券を的中させるためには、購入する馬券の種類も大切です。

馬券の種類によって出現する確率は大きく異なり、たとえば的中させやすい複勝やワイドではほぼ望み薄でしょう。

単勝も出現する確率はそこそこありますが、しんがりやブービー人気の馬が1着にならないと基本的には無理です。

そもそもレースによっては単勝や複勝ではオッズが100倍以上つかない馬がいない場合もあるので、高配当を狙うなら別の馬券を選ぶべきでしょう。

出現する確率として高いのは、連勝系の馬券です。

枠連や馬連は可能性としては低いものの、馬単なら確率はそれなりに高くなります。

たとえば大本命馬がいるレースでも、馬単2着付けなら1着馬の人気次第で配当が1万円を超える可能性は高くなります。

 

3)3連単を選ぶのがベスト

また馬単よりも可能性が高いのは、3連復です。

2着までは難しくても、馬券の対象が3着までに広がれば超人気薄の馬が入る可能性は一気に高まります。

1番人気から馬券を購入しても相手の人気次第で配当は一気に上がるので、期待値は高くなります。

そして最も万馬券の確率が高くなるのは、1着から3着までを着順通りに的中させる3連単です。

3連単は馬券の中で最も組み合わせの数が多く、それだけ的中させる難易度は高くなります。

平均配当を比較しても最も高く、よほど固い決着にならなければ1万円以上の配当にはなります。

3着までの着順次第で1000万円を超える可能性もあり、1レースを予想し的中させる馬券の中では最も高配当が期待できるでしょう。

ですから万馬券を狙うなら、馬券の種類は3連単を選ぶのがベストになります。

しかし3連単は最も的中させるのが難しい種類でもあるので、上級者でも高い的中率を維持するのは難しくなります。

また組み合わせの数も飛び抜けて多くなるので、上手に買わないと点数が増えて的中させる前に資金が底をついてしまう可能性があり、的中しても損をするトリガミになるケースも少なくありません。

確実に利益を積み重ねて収支をプラスにするためには、かなりの予想力に加えて馬券の買い方にも注意が必要になると言えるでしょう。

3連単を買い続けて高配当を的中させるためには、ある程度の経験を積まなければ行けません。

 

4)まとめ

このように競馬ファンなら誰もが憧れる高配当の馬券を的中させるためには、人気に惑わされずに各出走馬の能力を見抜きながら予想する力と、賢い買い方を身に付ける必要があります。

どちらも長年経験を積み重ねてきた上級者でも難しく、始めたばかりの初心者には難しいかもしれません。

そのため狙って買っても全く的中しなかったり、そもそも100倍を超えるオッズの馬券を買っていないケースもあるでしょう。

ですが経験を積み慣れれば人気に惑わされなくなったり買い方のコツもわかるので、場数を踏むのが大切です。

団体旅行の窓口を利用して面倒な幹事を優雅にこなす!

⒈団体旅行窓口を有効活用しましょう!

社員旅行にしろ家族旅行にしろ、大人数での旅行の幹事には何かと苦労が付きものです。

目的地や日数、予算を決めてその条件に合う団体旅行を手配してくれる旅行業者を探すところから始めなければなりません。

普段の生活をしながら、旅行の手配のために何軒もの業者に連絡を取るというのは、時間がかかるうえ同じことを何回も説明しなければならない、なかなか骨が折れる作業です。

そんな幹事の悩みを一気に解決してくれるサイトが団体旅行の窓口です。

サイトにアクセスして日数や人数、予算等の必要事項を記入するだけで、数軒の業者へいっぺんに見積もり依頼をすることが出来ます。

自宅に居ながらにして見積もりを依頼出来るだけでなく、全く同じ条件で見積りの比較が出来るため、業者を決定する際に非常に参考になるのではないでしょうか。

 

⒉最適なプランを提示してくれるので幹事さんに最適

団体旅行の窓口が優れている点は、それだけではありません。

家族旅行や研修、社員旅行等のカテゴリ-ごとに、行き先や旅行の内容等のプランを提示してくれるため、どんな日程にしようかと迷っている幹事にとっては渡りに船と言っても良いでしょう。

プランの内容も自然を満喫するアクティビティ-や、グルメを楽しむ食道楽の旅、また家族旅行で小さな子供でも楽しめる内容を盛り込む等の工夫がされており、参加メンバ-によって選択の幅が狭められてしまうということもありません。

こういった作業を個人で行うとなると、大変な時間と労力がかかってしまいますが団体旅行の窓口を利用すればあっと言う間に各業者を比較することが出来るため、決定までの時間を大幅に節約することが可能となります。

しかも、各観光地の入場料金等も団体料金が適用されるので、個人でいちいち個別に手配しなければならない煩雑さを感じることもないでしょう。

 

⒊「チェックリスト」に沿って準備する

団体旅行の窓口では「チェックリスト」に沿って準備することをすすめています。

旅行の3カ月前から当日までの間に何をしなければならないかというリストのアドバイスに沿って行動すれば、漏れもなく万全の体勢で旅行当日を迎えることが出来るはずです。

旅行の幹事というのは縁の下の力持ち的存在で、見えないところでの苦労には大変なものがありますが、旅行を成功させるためのキ-パ-ソンであることは間違いありません。

そんな幹事をサポ-トし、みんなに楽しんでもらえるサ-ビスを提供するのが団体旅行の窓口です。

旅の演出に興味があるという人は、是非利用してみてはいかがでしょうか。