松澤氏に聞く!転職を成功させるには

「転職を考えている」
「転職を成功させるコツや方法を知りたい」
「松澤弘康さんの経歴が気になる」

転職を希望する方の多くは、現状に不満を持っており、もっと良い条件と環境での仕事を希望する方が多い傾向にあります。
給料も仕事内容も、待遇面も人間関係も問題が無い職場で仕事をしている方が敢えて転職する必要性はなく、この環境にいる方とは無縁のことですが、そうではない方も全国各地には多数存在していることも事実になり、人によってはいわゆるブラック企業問題で悩みを持つ方も決して少なくはありません。

 

【特集】自家用航空機操縦士免許の取得方法は?【松澤弘康 解説】
松澤弘康

【保存版】成功できる起業家の特徴

松澤弘康さんが警鐘を鳴らすブラック企業について

国が示した働き方改革により、以前よりもブラック企業は減少傾向にありますが、その裏を悪用している会社が実在していることも事実としてあげることができ、時に新分野テレビニュースで報道される企業の中には大手企業も含まれていることも決して珍しくありません。
大手だからと安心して入社することはせずに、きちんと一定以上の条件を自ら決めて仕事探しをすることはかなり重要です。
転職活動は求人広告があって初めて成り立つものなので、活動中の方はできるだけ多くの求人情報を得る努力を行う必要性はあります。
有名な転職サイトから地域密着型のサイトまであり、こちらはインターネットを利用して探せる求人ですが、住んでいる住所を管轄としているハローワークの利用も決して間違いではありません。
企業側が人材募集を掛ける際には、身近なところでハローワークに限定して募集をしている企業があれば、少しでも多くの方々に見てもらえるように、敢えてネット上のサイトを利用する企業も存在します。
他にも地元で発行されている求人雑誌を購入したり、フリーペーパーの求人誌から情報を得る方法もあり、友人や知人、親戚関係などを通じて紹介をしてもらう方法もあります。

少しでも多くの媒体を利用して求人を探すことは必須

どちらにしても長く勤務することを希望している場合、失敗してしまうと悪循環に陥ってしまうリスクがあるので、少しでも多くの媒体を利用して求人を探すことは必須です。
気になる求人を見つけた際には、できるだけ早期に行動した方が良いと判断できます。
企業側では先着数を決めている可能性もあり、タイミングが遅ければ既に募集停止をしている求人も出てしまうので、事前にある程度の枚数の履歴書と職務経歴書を準備しておき、いつでも面接に対応できるようにしておくと、チャンスロスを起こしてしまうことは無くなります。
書類の作成は入手できるかどうかの判断材料の上では大切な鍵になります。
特に事前に書類選考を行う企業の場合は、第一印象を感じ取る際には書類は重要なポジションです。
履歴書の作成においては、まずは写真館で証明写真を撮影することが望ましく、安く印刷できる簡易的な機器の利用ではなく、プロの撮影技術を用いることが原則です。

証明写真はプロの撮影技術を用いることが原則

簡易的な機器との違いは、画素数だけではなく明るさが全く異なります。
プロの写真館では最適な明るさを確保した上で撮影をし、背景も品格のあるものにできるので、仕上がりの状態や質感が上質なことが特徴です。
何社も応募することを想定して写真を作ることも必要なので、写真館を利用する際にはDVDなど何かしらの媒体にデータ保存したものを購入できる方が、後々に役立ちます。
履歴書は手書きで記載することが求められている場合、各項目においての文字のサイズや上下左右のバランスも重要です。
大き過ぎる文字では読みにくくなり、小さ過ぎると当然ながら問題です。
各行に対して最適なバランスで書き記す必要性があるので、最初は下書きをしてみる方法も効果的です。
職務経歴書はこれまでの経歴を細かく記載する書類になり、こちらはパソコンで作成することが一般的とも言われています。

効果的な職務履歴書の書き方事例

時系列で分かりやすくポイントをまとめて記載する方法が最も利用されており、一つの事例としては営業職だった方は、前年対比の売上げ率をアピールポイントとして具体的に書き記したり、役職に就いていた方も忘れずに記載することが成功への鍵になります。
全ての記載項目においては、責任を持って書き記す必要性があるので、面接まで進むことができた方であれば、どの項目を質問されてもスムーズに回答できるように、シミュレーションをしておくと更に安心できるのではないでしょうか。
注意したいことは嘘を書いてしまうことはやめた方が賢明です。
仕事内容をある程度強調して書くことには問題は少ないとも判断できますが、嘘の経歴や嘘の学歴を書いてしまうと、入社後に発覚した際には解雇されるリスクはあるので正直に書類を作成することは当然のことです。
後は少しでも多くの求人情報を求めた行動を行うことになり、非公開求人を売りにしている転職サイトに登録しておく方法や、一定以上のキャリアを有している方は、逆オファーが来るサイトに登録をしておく方法も忘れずに活用したいサービスです。

まとめ

根気よくあらゆる方法で求人情報を見ていいると、給料に対する仕事内容や残業時間など一定の法則を見つけられる可能性もあります。
いくら給料が良くてもハードな仕事内容では継続することが難しくなるので、バランスを読み取って応募することも転職活動では重要です。

【保存版】成功できる起業家の特徴

「光本勇介氏のように起業して成功したい」
「成功できる起業家の特徴は?」
「光本勇介氏の経歴が知りたい」

起業すれば必ずしも成功できるわけではないことは多くの人が知っているはずです。
運が良いか悪いかで変わってくると思う人もいるかもしれませんが、光本勇介氏のように成功できる起業家とそうでない人には大きな違いがあります。
いずれ会社を立ち上げること、独立することを考えている場合、既にこれに向けて動いている場合は成功できる人にはどのような特徴があるか確認しておくと良いでしょう。

http://www.iceberry.jp/archives/260

光本勇介氏に学ぶ成功する起業家とは

何でも自分で決めない

まず、何でも自分で決めない人が成功しやすいです。
起業する理由の1つに、自分の思い通りに経営や仕事ができるからという理由をあげる人は非常に多いと言えます。
確かに、会社に勤めているときと違って、代表者である自分の意向で全てを決定していくことも可能です。
ですが、何でも自分で決めてしまうことには大きなリスクが存在しています。
経営者として十分な知識やスキルがない人が判断を行ったり、専門的な手続きや処理に関して十分に理解していない状態で取りかかったりすると失敗しやすくなるでしょう。
自分の力を過信したり頼りたくないという気持ちから自分だけの判断になってしまうと、取り返しのつかない失敗を招く恐れがあります。
適切な人物に相談してアドバイスを求めることの大切さを知っておけば、経験や知識がある人の意見を取り入れられるようになるのでリスクを低くすることが可能です。

決断力のある人

決断力のある人も成功しやすい傾向があります。
先述した何でも自分で決めないと反対に感じられるかもしれませんが、決断力があることは自分だけで何でも決定することではありません。
大事なのは判断を迫られたときに素早くより正しい決断が下せることです。
トップである自分の決断によって様々なことが左右されてしまうと理解している人は多いでしょう。
判断しなければならないことによっては、それで立ち上げた会社の明暗が分けられてしまうこともあります。
そのため、肝心なところで素早く決定できない人は非常に多いです。
いざというときには適切な相手に相談することが大事ですが、その上でスピーディーに意思決定ができるようにしておく必要があります。

小さな1歩を積み重ねられる人

小さな1歩を積み重ねられる人も成功できる可能性が高いです。
起業家になる人の中には、大勝負に出るような気持ちで経営を始める人もいます。
ある程度の資金を確保することができれば、いきなりコストが高い製品やサービスの提供を開始したり、大きな規模で経営を開始したりするケースもあるでしょう。
一発大きく当てることがビッグチャンスを掴めるというのはギャンブラーの発想です。
ハッキリ言ってしまうと、堅実な考え方ではありません。
運良く成功する人もいるかもしれませんが、小さく試していないことで失敗してしまうリスクはかなり高くなります。
小さなことから始める場合は、実践して手ごたえがイマイチだと感じれば改善を行うことが可能です。
大きく出てしまうと手ごたえが微妙でも変更することが難しくなるため、すぐに失敗してしまうリスクが高いと言えます。
結果を急いでいきなり大きなことを始める人もいますが、着実に進んでいくことを大切にしたほうが納得できる結果に繋がることが多いと知っておきましょう。

他責しない人

他責しない人も成功することが多いです。
起業家になった後には様々なタイミングで上手くいかないと感じることがあるでしょう。
結果が出なかったときなどに、他責の視点で考えてしまう人は問題です。
周りに原因があると考えてしまうと、それ以上のものを生み出すことは難しくなります。
自分の考え方や判断のどこに問題があったのか丁寧に考えることができれば、新たなアイデアが見つかりやすくなり、成功への道筋を見つけられる可能性が高まるはずです。
国全体の経済状況が悪くなったから売れない、急に大手企業が似たようなことを始めたから売れないなどと考えがちですが、視点を変えるようにしてください。
世の中に対する見通しが甘かった、市場調査が不十分だったなどと考えることができれば、次からはサービス提供前に何をどこまでやるべきか考えを改められるはずです。
何でも他責の視点で考えると問題点に気づくことができずに同じ失敗を繰り返すことになりますが、自責の視点で考えられる人であれば新たなやり方を見つけ出しやすくなります。

まとめ

成功できる起業家にはこうした特徴があることを知っておくと良いです。
自分が持っていないマインドであると感じる場合は、これらを身につけることから始めることも悪くないでしょう。
起業家1人1人の性格ややり方は違っているので、これが正解だというハッキリとした答えがあるわけではありません。
しかし、今までに成功している人などを参考にすることで、経営を成功させるためのコツが見つかることも多いです。
起業家になりたい場合やなろうとしている場合は、成功できる人物にはどのような特徴があるのかチェックしておき、自分に不足しているものは取り入れることができるようにしておくと良いでしょう。

光本勇介 経歴

ITフリーランスになるメリットは何か?

「ITフリーランスを目指したい」
「IT業界でフリーランスとして働くメリットを知りたい」
「ITフリーランスの収入はどれぐらい期待できる?」

ITフリーランスを目指すか、会社員を続けるか迷っている方もいるでしょう。
将来どのような働き方をしたいか迷っているのであれば、ITフリーランスにおけるメリットについて考えてみるのも1つの手です。
IT業界でフリーランスとして働くことにどのようなメリットがあるのか知ることで、自分に合った将来の道を考えやすくなるかもしれません。

収入アップが期待できる

例えば多くの方がメリットだと感じてフリーランスを目指す理由の1つが、収入アップが期待できるという点です。
同じスキルを持っている場合であっても、会社員として働くよりもフリーランスは収入が増える可能性があります。
仕事をやった分だけ評価されて収入が増えるので、やり方次第では大きく稼ぐことも可能です。
ただしフリーランスで収入アップの恩恵を得るためには、自分で仕事を見つけて受注しなければいけません。
実際に独立したばかりの頃は、仕事がなかなか受注できずに苦労する方も多いという点を踏まえて独立を検討することが大切です。

自分に合った働き方ができる

ほかにもITフリーランスとして働くメリットには、自分に合った働き方ができるという点があげられます。
会社員の場合、職場ごとに勤務時間が決められています。
朝は9時に出勤して夕方5時に退社、場合によっては残業をするなど決められた範囲で仕事をこなすことになります。
一方で独立して働く場合、就業時間に決まりはありません。
調子が良い週はいつもより長めに働いて、調子が出ないときは働く時間を短くすることも可能です。

朝寝坊ができる

また朝起きるのが苦手という方もいるでしょう。
そのような方が独立する最大のメリットは、朝寝坊ができるという点です。
無理して早起きせずに朝はゆっくり寝て、昼過ぎに起きてから仕事をするのも1つの手です。
仕事の時間が決められていないからこそ、好きなように働く時間を決めて、自分のライフスタイルに合わせた生活をしましょう。

自由に仕事を選べる

ほかにも独立してフリーランスを目指すメリットの1つが、自由に仕事を選べることになります。
会社員の場合には、苦手もしくは嫌いな仕事であっても、上から与えられた仕事をこなす必要があります。
自分の専門とは異なるITの仕事を割り振られたり、転勤を命じられたりすることもあるでしょう。
一方自分で仕事を受注するフリーランスであれば、ITの得意分野を活かせる仕事を選べます。
得意な分野の仕事を選ぶことで、パフォーマンス力が向上して効率よく稼げるかもしれません。

苦手な仕事をこなしてでも実績を増やすことが必要なケースもある

仕事が自由に選べるといっても、1つ注意が必要な点があります。
その注意点というのが、独立したばかりで実績が少ないタイミングだと、苦手な仕事をこなしてでも実績を増やすことが必要なケースもあるという点です。
実績がないフリーランスは、得意な分野や単価がいい仕事を選びにくいケースも見られます。
最初は実績を増やすことが大切という点を理解して、無理のないペースで働いていくようにしましょう。

専門性を高めやすい

そしてITフリーランスならではのメリットが、専門性を高めやすいという点です。
会社員として働く場合には、IT関連の仕事のほかに事務作業などさまざまな雑務が発生する場合もあります。
独立して1人で働く場合には、面倒な雑務が最小限に抑えられます。
自分の好きな仕事を重点的にこなしていくことで、ITのスキルを伸ばし効率よく専門性を高めていくことが可能です。
安定して稼げるフリーランスを目指すためにはスキルアップが欠かせないからこそ、独立すると専門性が高めやすいという点も押さえておきましょう。

経費の使い方を工夫できる

また経費の使い方を工夫できるというメリットも存在しています。
IT関連のスキルを高めるために、本を購入して勉強したいと考えているとき、本の購入にかかった費用を経費に加えることも可能です。
経費として計上する金額が増えれば、所得税などの節税対策にもつなげられます。
業務に関連する出費なら経費に計上できるので、スキルアップのための投資がしやすくなります。

人間関係の悩みを減らせる

実際に独立を考えている方の多くが注目しているメリットの1つが、人間関係の悩みを減らせるという点です。
会社員の場合、同じ職場の上司、先輩や後輩などの人間関係で悩んでいる方も多くいます。
ですが独立して1人で働く場合、面倒な人間関係を最小限に抑えられます。
クライアントとのコミュニケーションは必要ですが、基本的に1人で働く場合であれば、周りに気を遣わずに働けるためストレスを減らせます。

まとめ

このように独立してITフリーランスになることには、さまざまなメリットが存在しています。
しかしメリットがある一方で、福利厚生がない、確定申告を自分で行う必要があるなどさまざまなデメリットもあげられます。
自分にとってメリットとデメリットのどちらが多いか考えたうえで、独立するかどうか検討するようにしましょう。
最初は副業として仕事を始めて、ITフリーランスとしてやっていけそうだと感じたら本格的に独立するのも1つの手です。
実際に独立する場合には、事前にしっかりと準備をしておくことが大切です。

ITフリーランス求人

中部テレコミュニケーションの特徴を知りたい

日本では、インターネット網が発達してから様々なインターネット通信会社ができています。
もともとはNTTなどが中心でしたが、民間の企業がたくさん入り込んできており、今やすべての会社を知っている人はほとんどいないでしょう。
そして何より、地域によって主催している会社が異なります。
中部地方でインターネット網の基礎を築いているのは中部テレコミュニケーションと言われる会社です。
もともとこの会社は1986年6月にスタートしており、最初は調査会社でした。
その後、電話に関する専用サービスを行っていましたが、1996年から2000年ぐらいにかけてインターネットサービスに切り替えを行っています。

インターネット通信においてルーターを貸し出している

ちょうどその頃は、インターネットが市民に浸透し始め少しずつ利用者が増え始めました。
2010年位には、学校でもインターネットを繋いで授業するのが当たり前となっており、さらにその重要性が増したわけです。
2002年頃は、光ファイバーが少しずつ増えましたが、光ファイバーに関する事業を行っていました。
現在でもコミュファ光などでその事業が続いており、多くの人が利用しています。
具体的には、インターネット通信においてルーターを貸し出しているのが特徴です。
このルーターには様々な種類があり、これを使わなければ家庭内でインターネットを使うことができません。
もちろん、最近は持ち運びできるWi-Fiなどもあるため必ずしもルーターが必要なわけではありません。
しかし、家庭内で何台もパソコンを使っている場合やネットを使っている場合は、Wi-Fiの中でも持ち運びできるものでは容量が不足する可能性があります。
仮にWi-Fiの持ち運びができるものでも容量が大きなものを使うことができますが、料金で言えばルーターを1つ利用したほうがお得といえます。

料金プランについて

料金プランを見ていくと安いものであれば、1ヵ月あたり4500円前後からとなっています。
4400円から利用できるため、非常に安く利用できますが同時にたくさんのパソコンやスマートフォンを使う場合は容量不足になる可能性も否定できません。
そのため、可能な限りたくさんの通信機器を持っている場合は5000円から6000円のプランに切り替えた方が良いでしょう。
料金は高いですが、通信するときのストレスを感じることなく行うことができます。
特に仕事で使っている場合には、通信速度が遅いだけでイライラするだけでなく、お客さんにも迷惑をかけてしまう可能性もあります。
重たいデータなどを送る場合は、特にパソコンの性能も重要ですが通信自体がうまくいかないとデータをしっかりと発送することができません。
そのような意味において、とても重要な役割を果たしていることがわかります。

比較的安定したところに就職するならばこの会社を選ぶのも1つ

これからをする場合には、若い人が多い環境と言われています。
もともとインターネットの会社のため、若い人が増えるのは当然のことでしょう。
特に30代の人たちが多く、正しくこれからの会社と言えるかもしれません。
企業としては、非常に大きな会社のため大企業に分類されます。
大企業である以上は、福利厚生がしっかりしているところも多く、この会社も例外ではありません。
そのため、比較的安定したところに就職するならばこの会社を選ぶのも1つの方法です。
しかしながら、どのような会社であっても絶対に安定しているとは限らないのが現状になります。
1990年代後半にかけて、日本の企業の中でも倒産することがないと言われていた企業が次から次に倒産しました。
2010年以降においても、時代についていけなかった大企業が倒産をしたり、国からの支援を受けて何とか継続している傾向にあります。
このような時代の流れを考えれば、いくら先端のインターネット通信の会社であっても一生安泰と言う考え方は捨てた方が良いかもしれません。

40代から50代になると平均年収が6,000,000円から8,000,000円位になる可能性がある

いずれにしても、たくさんのことを学びたいならばこの会社が魅力的です。
この会社で働く場合、給料の事を意識する人が多いです。
確かに初任給は高い方が魅力的に感じるかもしれません。
しかし重要なのは、会社に入ってからになります。
いくら初任給が高くても、将来的に収入がアップしなければあまり意味がありません。
しかし、初任給がそれほど高くなくても収入が高くなる可能性があれば、それだけ将来に期待することができます。
この会社は、大企業の中ではそこまで収入が高いわけではありませんが、40代から50代になると平均年収が6,000,000円から8,000,000円位になる可能性があるため、将来が楽しみと言えるかもしれません。
インターネット通信の会社である以上は、インターネットに詳しい人が就職しやすいと言われています。
しかし現実には、会社はそのようには考えていません。
学生がいくらインターネットに詳しかったとしても、就職してからそれらの知識が十分に使えるかと言えば使えないケースがほとんどではないでしょうか。

まとめ

そのため、仮にインターネットに関する知識が十分でない場合でも積極的に申し込みをしてみましょう。
企業側は、会社に入って伸びる人物や会社に貢献してくれる人物を選びたがる傾向があります。