クーアンドリクで犬に慣れる

アパート暮らしの場合は、なかなかペットを飼うことはできません。

ペット可のアパートを探せばいいですが、なかなか田舎の場合はそういった理解のあるアパートを探すのは大変です。

内緒で飼うようなことをしてしまえば、ばれたときには追い出されてしまうかもしれませんし、ペットを手放さなくてはならなくなるかもしれません。

そんないい加減なことはできませんので、自分の家を手に入れたときには、必ずペットを飼おうと決めていました。

そして念願の家を手に入れやっとペットを家に迎え入れることが出来ると楽しみにしていたのですが、一つ問題がありました。

それは我が子がペットが苦手だったということなのです。

小さなころからペットと触れ合うことなく過ごしてきた我が子は、ペットの可愛さはわかっていても、触ることが出来なかったのです。

そうなると、無理にペットを家に迎え入れても買うことが出来なくなるかもしれませんので、まずは我が子にペットに慣れてもらうことから始めてみることにしました。

そのためには、まずはペットショップに行ってみようと思い、子供を連れて近所のクーアンドリクに行ってみたのです。

クーアンドリクでは、ペットが檻から出されていて、自由に触ってもいいようになっていました。

我が子に触ってみるように伝えても、なかなか触ることが出来ません。

まずは見て慣れることからが大事だと思い、初日は檻の中にいるペットを眺めて帰るようにしました。

檻の中にいるペットを見ている我が子はとてもうれしそうでしたので、これを繰り返せば触れるようになるだろうと思い、何度か連れていく事にしたのです。

思っていたとおり、数回通った後には触ってみたいというようになりました。

そしておそるおそる子犬に触ってみたのですが、一度触れることが分かればもう大丈夫です。

それからすぐに触るだけではなく、ひざの上にだっこすることが出来るようになりました。

そこまで慣れることが出来ればもう大丈夫だと思い、家族みんなでどの子犬を迎え入れるようにするかを相談することにしました。

家族で話し合って、子犬をいざ我が家に迎え入れる日になると、一番喜んでいたのは私よりも我が子です。

家にいるときにはいつも犬に寄り添ったり、寝るときも一緒に寝るほどの仲良しです。

ペットショップに行って少しずつ慣れさせることによって、動物の可愛さや大切さを学んでくれるきっかけになったので良かったと思っています。