住宅購入はロイヤルウッドがおすすめ

子供の誕生をきっかけに、賃貸住宅マンション生活から持ち家の購入を意識しはじめました。

と、いっても貯金はあまりなく、ある程度の貯金はあるものの購入資金はほぼ0からのスタートとなり、物件探しもかねて3年程度の期間は必要だなとかんがえていました。

持ち家はマンションか一戸建てかの選択でしたが、子供は2人欲しく、部屋数が必要になりそうなことや、育児には車が必要になるだろうという考えから一戸建ての方を選ぶことにし、場所も住んでいるエリアから極力離れないことを前提としていました。

購入費用の予算や住むエリア、間取りなどを固め、不動産情報を収集していると、選択肢となる住宅は5件程度に絞れてきました。

その5件を見学してみましたが、立地や間取りは良いけど日当りが悪いことや、日当りは良いけど立地が悪すぎるといった決定打に欠けるものが多かったのが現実でした。

そこで、不動産業者が提案したのはロイヤルウッドの注文住宅でした。

※ロイヤルウッドの坪単価について

あらかじめ建設してある建物を購入する建売住宅はその物件価格が安いことが大きなメリットでしたが、長期的に住み続けることを考えるとある程度費用はかかるものの、注文住宅を建てるという方が後悔が無いということでした。

さらに、駅からは離れるものの、学校や公園、小児科が近い土地が売りに出されていたこともあり、その土地の購入と住宅建築費用の見積もりを取ると、見学してきた建物の相場よりも500万円程度高くなるものでした。

500万の費用を取るか満足した生活を取るかということで悩みましたが、設計プランの選択である程度の自由度があることや、満足度を考えると注文受託の方に軍配があがりました。

そして費用ですが、頭金などで3年は貯金が必要かとおもっていましたが、その時点で2か月程度しかたっておらず不安がありましたが、住宅ローンが低金利状態であることで頭金が0の状態でも十分可能性はあるとこことで、不動産業者と提携している銀行に仮審査をお願いしました。

その間、土地の購入資金とハウスメーカーの選定を行う予定でしたが、ハウスメーカーも不動産業者との提携業者を利用することで大幅な値引きがありましたので利用することになりました。

おおよそ一か月の間に間取りや設備などのプランの選定を済ませ、住宅ローンの審査も通ったため、実際の契約を結ぶことになりました。

住宅の購入費用の他に、税金や住宅ローンの保証金などの諸費用が必要となりましたが手持ちの貯金でなんとか賄えたため、あとは住宅の完成を待つばかりでした。

2週間に一回程度で建築中の我が家を観に行きましたが、すこしずつその形が完成していく姿は非常に楽しみでもありました。

ある程度しあがって中を見ることができましたが、設計通りの出来となっていました。

建築の途中に宅内LANケーブルを入れたいなど急な思い付きを提案しましたが、スムーズに対応していただけたのも費用によかったです。

注文住宅はこうした完成までの過程を楽しむという点では一生に一度あるかないかの体験であり、完成した時は家族全員が喜びにあふれました。

短い期間や少ない予算であってもこうした感動を得ることができたのも非常に良かったです。