ITフリーランスになるメリットは何か?

「ITフリーランスを目指したい」
「IT業界でフリーランスとして働くメリットを知りたい」
「ITフリーランスの収入はどれぐらい期待できる?」

ITフリーランスを目指すか、会社員を続けるか迷っている方もいるでしょう。
将来どのような働き方をしたいか迷っているのであれば、ITフリーランスにおけるメリットについて考えてみるのも1つの手です。
IT業界でフリーランスとして働くことにどのようなメリットがあるのか知ることで、自分に合った将来の道を考えやすくなるかもしれません。

収入アップが期待できる

例えば多くの方がメリットだと感じてフリーランスを目指す理由の1つが、収入アップが期待できるという点です。
同じスキルを持っている場合であっても、会社員として働くよりもフリーランスは収入が増える可能性があります。
仕事をやった分だけ評価されて収入が増えるので、やり方次第では大きく稼ぐことも可能です。
ただしフリーランスで収入アップの恩恵を得るためには、自分で仕事を見つけて受注しなければいけません。
実際に独立したばかりの頃は、仕事がなかなか受注できずに苦労する方も多いという点を踏まえて独立を検討することが大切です。

自分に合った働き方ができる

ほかにもITフリーランスとして働くメリットには、自分に合った働き方ができるという点があげられます。
会社員の場合、職場ごとに勤務時間が決められています。
朝は9時に出勤して夕方5時に退社、場合によっては残業をするなど決められた範囲で仕事をこなすことになります。
一方で独立して働く場合、就業時間に決まりはありません。
調子が良い週はいつもより長めに働いて、調子が出ないときは働く時間を短くすることも可能です。

朝寝坊ができる

また朝起きるのが苦手という方もいるでしょう。
そのような方が独立する最大のメリットは、朝寝坊ができるという点です。
無理して早起きせずに朝はゆっくり寝て、昼過ぎに起きてから仕事をするのも1つの手です。
仕事の時間が決められていないからこそ、好きなように働く時間を決めて、自分のライフスタイルに合わせた生活をしましょう。

自由に仕事を選べる

ほかにも独立してフリーランスを目指すメリットの1つが、自由に仕事を選べることになります。
会社員の場合には、苦手もしくは嫌いな仕事であっても、上から与えられた仕事をこなす必要があります。
自分の専門とは異なるITの仕事を割り振られたり、転勤を命じられたりすることもあるでしょう。
一方自分で仕事を受注するフリーランスであれば、ITの得意分野を活かせる仕事を選べます。
得意な分野の仕事を選ぶことで、パフォーマンス力が向上して効率よく稼げるかもしれません。

苦手な仕事をこなしてでも実績を増やすことが必要なケースもある

仕事が自由に選べるといっても、1つ注意が必要な点があります。
その注意点というのが、独立したばかりで実績が少ないタイミングだと、苦手な仕事をこなしてでも実績を増やすことが必要なケースもあるという点です。
実績がないフリーランスは、得意な分野や単価がいい仕事を選びにくいケースも見られます。
最初は実績を増やすことが大切という点を理解して、無理のないペースで働いていくようにしましょう。

専門性を高めやすい

そしてITフリーランスならではのメリットが、専門性を高めやすいという点です。
会社員として働く場合には、IT関連の仕事のほかに事務作業などさまざまな雑務が発生する場合もあります。
独立して1人で働く場合には、面倒な雑務が最小限に抑えられます。
自分の好きな仕事を重点的にこなしていくことで、ITのスキルを伸ばし効率よく専門性を高めていくことが可能です。
安定して稼げるフリーランスを目指すためにはスキルアップが欠かせないからこそ、独立すると専門性が高めやすいという点も押さえておきましょう。

経費の使い方を工夫できる

また経費の使い方を工夫できるというメリットも存在しています。
IT関連のスキルを高めるために、本を購入して勉強したいと考えているとき、本の購入にかかった費用を経費に加えることも可能です。
経費として計上する金額が増えれば、所得税などの節税対策にもつなげられます。
業務に関連する出費なら経費に計上できるので、スキルアップのための投資がしやすくなります。

人間関係の悩みを減らせる

実際に独立を考えている方の多くが注目しているメリットの1つが、人間関係の悩みを減らせるという点です。
会社員の場合、同じ職場の上司、先輩や後輩などの人間関係で悩んでいる方も多くいます。
ですが独立して1人で働く場合、面倒な人間関係を最小限に抑えられます。
クライアントとのコミュニケーションは必要ですが、基本的に1人で働く場合であれば、周りに気を遣わずに働けるためストレスを減らせます。

まとめ

このように独立してITフリーランスになることには、さまざまなメリットが存在しています。
しかしメリットがある一方で、福利厚生がない、確定申告を自分で行う必要があるなどさまざまなデメリットもあげられます。
自分にとってメリットとデメリットのどちらが多いか考えたうえで、独立するかどうか検討するようにしましょう。
最初は副業として仕事を始めて、ITフリーランスとしてやっていけそうだと感じたら本格的に独立するのも1つの手です。
実際に独立する場合には、事前にしっかりと準備をしておくことが大切です。

ITフリーランス求人