青汁の効果について説明します

青汁は、緑黄色野菜を絞って作られた飲料になり、豊富な栄養素が入っているので体に良い飲料になります。
使用されている原料は、ケールや大麦若葉・明日葉・桑の葉などの緑黄色野菜が使われていることが多く、野菜不足の方などが飲用することで1日の必要な野菜を手軽に摂取することができるのです。

青汁の成分

ケールにはビタミンAが豊富に含まれいて、大麦若葉には食物繊維には豊富に含まれている野菜になります。
桑の葉には牛乳の24倍のカルシウムが含まれていて、鉄分も豊富にあります。
明日葉にはビタミンB12や豊富な食物繊維などの成分が含まれています。
緑黄色野菜によって効果が違ってくるので、青汁の商品を選ぶ際には、どのような緑黄色野菜が使用されているのかチェックしてから購入することをおすすめします。

青汁のタイプ

青汁の種類

青汁にはドリンク状で販売しているものや、粉末タイプ・冷凍タイプなどがあります。

ドリンク状

ドリンク状になっているものは、手軽に摂取することができるので人気があります。

粉末状

粉末状のタイプはお水などで溶かして飲むことができます。
ドリンクタイプとは違って、かさばらないので収納場所に困ることがなく、持ち運びすることができるので、旅行などに持って行くことができます。
粉末状のものはすっきりした味で飲みやすいといった特徴があり、牛乳や豆乳とブレンドすることもできるので苦い味が苦手な方や、癖のある独特な味が苦手な方は、牛乳や100パーセントオレンジジュースなどで割ることで飲みやすくなるのでおすすめです。

冷凍タイプ

冷凍タイプのものはケールや明日葉を絞って冷凍しているので、加熱処理がほどこなれていないことが多く、加熱処理をする粉末タイプに比べて、製造過程で栄養素が失われるリスクが減る点が、メリットになります。
冷凍タイプは緑黄色野菜100パーセントで添加物など入っていないことが多いといった特徴があります。
素材の風味をそのまま味わうことができ、フレッシュな状態で飲用できることも冷凍タイプの魅力になります。
それぞれのタイプによって、メリットが違ってくることになります。

【参考】青汁飲みやすい

青汁には健康に良い効果がある

青汁の効果

青汁には健康に良い効果があると言われています。
薬と違うのですぐに効果があらわれるものではなく、持続することで効果を実感しやすくなるものになります。
使用されている緑黄色野菜には、ビタミンやミネラル・食物繊維など豊富に含まれていて、人間が生きていく上で必要としている栄養素ばかり含まれています。
βカロテンやビタミンC・ビタミンEが豊富に入っているので、美肌効果を期待することができます。
これらの成分は抗酸化作用があるので、体の酸化を防ぐ働きがあり、アンチエイジング効果があります。
特にビタミンCは、肌のターンオーバーを正常化して、コラーゲンの生成を促す働きがあるので、ハリのある肌に導くことができる成分になります。
食物繊維は大麦若葉やケールに多く含まれています。
食物繊維を摂取することで、腸の動きが良くなって、便秘の改善効果を期待することができます。
腸の中に老廃物がたまっていると、さまざまな病気の原因になったり、肌トラブルの原因になります。
また便秘が解消することで、腸の中がきれいになってダイエット効果期待できます。
緑黄色野菜の中にはカリウムが含まれているので、体内の水分バランスを整える作用があるのlで、むくみの改善効果があります。
たくさんの緑黄色野菜を摂取することができるので、血液をサラサラにする効果もあり、動脈硬化などの予防にも良いとされているので、生活習慣病の予防の効果があると注目されています。

飲む頻度やタイミングについて

飲む頻度ですが、毎日飲用することが望ましいとされています。
青汁を飲用する一番の目的は不足している野菜を摂取して栄養素を補うことなので、毎日日課にして飲むようにすると野菜不足を解消することができます。
飲用するタイミングはいつでも良いのですが、栄養素をより吸収させるには起床後が良いとされています。
起床後は空腹の状態で飲用するので、常温で飲むことをおすすめします。
食前に飲用することも良いです。
食前に飲むことでお腹が膨れるので、食事の食べ過ぎを防ぐことができます。
就寝の2時間や3時間前に飲用することもおすすめです。
睡眠中にはたくさんの汗をかくのでミネラルが豊富に含まれているケースが入ってるものを飲むようにすると良いです。
ビタミンKが含まれているのでワーファリンの作用を弱めてしまう可能性があるので注意する必要があります。
ワーファリンなどの血液をサラサラにする薬を内服している方などは、医師に相談してから飲用することをおすすめします。

まとめ

青汁を毎日飲んでいるからといって、野菜をまったく摂らなくても良いものではなく、あくまでも食事で補うことができなかった栄養素を補うためのものになります。
毎食の食事は栄養バランスのとれた食事を摂取するように心がけることが、健康維持へ繋げることができる大切なことになります。