日本ユニセフが提供する画期的な事業

ユニセフという団体をご存知でしょうか。
この組織は1943年にアメリカ合衆国のニューヨークで結成され、世界各国の子供に対して手厚い保護をおこなうことを目的としている団体です。
日本でも1945年の第二次世界大戦後から約10年間の間、子どもたちに対して給食の支給から戦争孤児の保護までなされていたほどです。
今も東南アジア・アフリカ・中南米で大々的に活動をされており、日本もその事業に力を注いでいます。
ここではユニセフの成り立ちと、日本ユニセフ独自の画期的な事業について詳しくご紹介をしていきましょう。

組織の中心であるニューヨーク本部の活動

まずは組織の中心であるニューヨーク本部の活動を解説します。
もともとは国際連合の一部として機能をしており、当初は国連児童基金という名称でした。
結成をなされたのは1943年で、当時は第二次世界大戦の真っ只中だったわけです。
この戦争では多くの子供達が両親を亡くしており、そのことを危惧した当時の国連本部長が児童基金の設立を同盟国に訴えかけたのでした。
その頃、日本は同盟から外されており結成の可決には参加をしていませんでした。
それから1945年の終戦後、日本には国連から派遣をされたGHQが政府の暫定政権を担うこととなり、ここでユニセフの手厚い保護を受けることになります。
東京や名古屋・大阪は戦時中は大きな空襲の被害を被っており、戦災孤児たちが約400万人もいました。
彼らは当時はガード下やバラックなどに住んでいたものの、食べるものもなく病気で何人もの子が命を落とす結果となっていたわけです。
事の重大さを進駐軍から聞いた国連本部長はすぐに児童保護の命令を下し、日本政府とGHQの後押しをすることとなります。

孤児院の建設を全国12都市で開始

まずは孤児院の建設を全国12都市で開始をし、ここで戦災孤児を引き取ることになりました。
この施設の運営資金は当時の国連理事国が出し合っており、イギリス・フランス・オランダなどの欧州の諸外国が担っていたわけです。
孤児の収容が完了したのは1947年のときで、そこからは全国の小学生に向けて給食を開始します。
70代以上の方であれば、学校で脱脂粉乳をもらったり肝油ドロップの配給を受けた記憶があるでしょう。
それが児童基金の保護になります。
なお、1947年4月から児童基金という名称はユニセフに変更をされました。
この名前はユニバーサル・セーフティーネットの略称で、世界の子供を救うという意味になっているわけです。

高度成長期を迎えた日本が新たに日本ユニセフの組織を結成するに至った背景

1950年までユニセフの日本国内の小学校に対する手厚い保護は続き、未成年者の栄養失調という深刻な問題は解消されるに至りました。
ここからは、高度成長期を迎えた日本が新たに日本ユニセフの組織を結成するに至った背景を見ていきます。
時代は1960年に突入し、敗戦国という雰囲気を一切感じさせない国となったのが日本です。
所得倍増計画というスローガンを当時の政権は打ち出し、日本は高度経済成長期を迎えました。
GDPは当時80パーセントを記録するまでに成長し、一躍先進国と言われるまでに急成長を遂げていたころです。
1965年には日本は国際連合に再び加盟を行ない、戦後復興をなし終えたことをアピールするように多くの慈善運動を開始しました。
そのひとつとして日本ユニセフ支部を東京都港区に開設して、活動をはじめたわけです。

遺産寄付基金について

ここでは今、新たな事業として「遺産寄付基金」というものも用意をされています。
この基金ではお子さんや親族がいない高齢者に対して、遺産を世界各国の恵まれない子に分け与えようという名目を掲げているのがポイントです。
昨今は国内では少子高齢化が進んでおり、さらには結婚をなさらない方も増加しました。
独身のままお亡くなりになった場合、残された資産はすべて国が没収することになります。
その遺産を生前に有効活用できるのが遺産寄付基金であり、所定の手続きを日本ユニセフにておこなえば完了するものです。
その具体例を述べていくと、東南アジア諸国の子供を救いたいと考えている方であれば、あらかじめどの国のお子さんの手助けをしたいのかと指定をして実行に移せます。

日本ユニセフではマンスリーサポートという保護活動もなされている

日本ユニセフではマンスリーサポートという保護活動もなされており、一種のワールド・ビジョンでみる里親制度ともいえるものです。
この場合でもご自身が助けたいと思うお子さんを指名することができるので、ピンポイントの寄付・保護を実施できるわけです。
遺産寄付基金でも同様で、自身が生前蓄えた資産を確かな形で手渡すことができます。
日本ユニセフでは限りなく透明な保護をするということを述べており、どんなルートで物資・資金が流れているのかも明白になされているのがポイントです。
国連の一部でもあり、ユニセフではこの日本支部を今後は中枢機関に加えることを検討されています。

まとめ

戦後に受けた恩を大きな形で返している組織でもあり、われわれもそのことを念頭において力をあわせていくことが大切になります。

参考文献
日本ユニセフ協会 sdgs