省エネ住宅に住むことの魅力

省エネ住宅は地球環境に優しい家という認識を持っている人が多いですが、それだけではないことも知っておくべきです。
一般的な住まいよりも建築費や購入費が高くなることが多いので、地球環境に優しいだけでは購入の決め手に欠けると思ってしまう人も多いでしょう。
実際には住む人にとってのメリットがたくさんある建物なので、このタイプの住まいを選ぶことの魅力を知っておくことをおすすめします。

※当記事は省エネの専門企業であるエスコシステムズさんのホームページを一部参考にさせていただきました。

省エネ住宅の定義

そもそも、省エネ住宅は家の性能を高めることでエネルギー消費が抑えられる家のことをあらわしていることを知っておくべきです。
ただエネルギー消費を抑えようとしているだけではなく、性能が高くなっている部分がポイントだと言えます。
優れた機能や設備のおかげで性能が高い家となっているので、住む人の快適さも保証されている点が大きな魅力だと言えるでしょう。
断熱材を取り入れたり気密性をアップさせたり、エネルギー消費量削減に繋がる設備や機能が多く取り入れられていることが特徴的だと言えます。

省エネ住宅に住むことの具体的なメリット

冷暖房の使用量が少なくても快適

省エネ住宅に住むことの具体的なメリットには、冷暖房の使用量が少なくても快適というメリットをあげることができるでしょう。
何も工夫を取り入れていない家では、暑さや寒さが厳しい夏や冬には冷暖房をフル稼働させることになるケースが多いです。
推奨されている設定温度よりもエネルギー消費量が多くなる温度に設定しなければならないことも多いですが、工夫が取り入れられている家では少ない冷暖房の使用で快適な生活を実現することができます。
外気温の影響を受けにくくなっているので、設定温度を推奨温度にしても快適に過ごすことができるはずです。

部屋同士の寒暖差が小さい

部屋同士の寒暖差が小さいことも魅力であり、冷暖房の使用量を減らすために家のどの場所にいても快適に感じられやすい仕組みが取り入れられています。
寒暖差が大きい家は冬にリビングから廊下やトイレに行ったときに、急激な温度変化でヒートショックを起こしてしまうこともありますが、こういった心配もありません。
特に高齢者は急激な温度差に弱いとされているので、寒暖差の小さい家は高齢者が住む場合に安心です。

メンテナンスの手間が減る

メンテナンスの手間が減ることもメリットの1つであり、省エネ住宅は断熱性能と気密性を高める際に結露やカビが生じにくい仕組みになるように設計されています。
ひどい結露やカビを放置しておくと住まいの耐久性を著しく低下させる恐れがあるので、きちんとケアをする必要があるでしょう。
そのため、結露やカビの発生は頻繁なメンテナンスの原因となりますが、これらが生じにくいのでメンテナンス回数を減らすことが可能です。
メンテナンス回数が減ると修理連絡や立ち会いにかかる手間とコストの両方を削減することができるでしょう。

光熱費が削減できる

光熱費が削減できることも魅力的なポイントだと言えます。
冷暖房を始めとした家電製品使用量が少なくて済む仕組みが採用されていますし、発電設備を設置するケースも多いです。
太陽光発電設備を設置することによって、電力会社から供給される電力だけで全ての電気を賄う必要がなくなるので、光熱費を減らすことができます。
発電設備と一緒に蓄電設備を設けている場合は、発電した電力を蓄えておくことが可能です。
蓄えた電力は災害時などのライフラインが止まったときにも利用することができるので、有事の際にも安心だと言えます。

補助金制度や税金の優遇制度が適用される

補助金制度や税金の優遇制度が適用されることもメリットです。
条件を満たしておく必要はあるものの、省エネ住宅は建築やリフォームの際にお得になる制度が利用できることがあります。
国や地方自治体で用意されている制度を活用することができるため、お得に高品質なマイホームを手に入れることが可能です。
通常の家と比較すると建築費用が高くなりやすいものだと言えますが、補助金制度や税金の優遇制度によってかなりお得になることもあることを知っておくと良いでしょう。

売却時に査定額が高くなりやすい

売却時に査定額が高くなりやすいという魅力もあります。
優れた機能や設備が取り入れられているので、もしも売却することになっても通常の家よりも売却益を出しやすい傾向があることを知っておくと良いです。
やむを得ない事情で家を手放すことになったとしても、十分な売却額となることで次の住まいの資金に充てやすいと言えます。
今後はこのタイプの建物が更に増えることが予測されているため、そのような状況下では特別な設備や機能のない家は安く買い叩かれる可能性もあることを知っておきましょう。

まとめ

省エネ住宅にはこういった魅力があることを理解しておくべきです。
地球環境に優しいことはもちろんですが、住む人にとって嬉しいメリットや魅力もたくさんあります。
これから先に購入したり建築したりするマイホームの種類で迷っているのであれば、魅力が多いこのタイプのマイホームを検討してみることがおすすめです。
詳しい内容を知った上で、満足度の高いマイホーム購入に繋げられるようにしておくと良いでしょう。