ユニセフ遺産寄付プログラムでできる恵まれない子どものサポート

世界には勉強をしたくても家庭の事情から学校に行くこともままならない、病気が蔓延して満足に健康な生活を送ることができない子供たちがたくさんいます。
ユニセフは、そんな恵まれない人々をサポートするプログラムで世界中の人たちの善意の寄付により恵まれない人たちをサポートしている団体です。

例えば、まとまった遺産があるものの相続させる予定のある親族がいなかったり、親や親族がなくなる前に寄付をしたいという遺言があったりそのような意見を聞いていた場合には、ユニセフ遺産寄付プログラムという制度を利用することで故人の遺志を尊重することができます。

ユニセフの役割

 遺産が少しだけでも、海外では日本とは貨幣価値が異なりますので1000円でも1万円でも、子どもたちの予防接種の費用になったり学校へ行くための費用に充てることが可能です。 

ユニセフでは、発展途上国などの経済的に困窮している子供たちをサポートしていますので、そんな人々をサポートしたいと考えている方やその家族の方はこの機会にこうしたシステムを利用してみてはいかがでしょうか。

ユニセフというと、募金などが有名ですが遺産というとあまりユニセフとはかかわりがないように考えられがちです。
しかし、家族に財産を残すよりも経済的に困窮していて学校にも満足に通えなかったりその日食べるものにも困っている、という人たちを支えたいと考えている人は少なくありません。

ユニセフ遺産寄付プログラムとは?

遺留分として残す分以外は、まとまった金額はこうした子供たちにのこしたいと考えているならユニセフ遺産寄付プログラムを利用するのがお勧めです。
ユニセフ遺産寄付プログラムでは、いくつかのやり方があって、遺言書の作成をしてそれに基づくものと、相続したものを寄贈するやり方に加えて香典返しの代わりに寄付というやり方があります。

高齢になったり余命があまり長くないと悟った親族がユニセフに寄付することを望んでいるならば、遺留分などの問題をクリアにしてそれ以外の財産を寄付するという旨の公的な遺言書を作成することで、スムーズに世界の子どもたちをサポートすることができます。

相続財産から親族が故人に代わって寄贈することも可能

生前、個人が自分が亡きあとは財産を寄贈したいという旨を親族に伝えていた場合には、相続財産から親族が故人に代わって寄贈することも可能です。
更に、葬儀や告別式などで渡される香典返しにかえてそれにかかる費用を寄付するやり方もあります。

大きく分けると3つのやり方がありますので、ユニセフを通じて貧困にあえぐ地域の子どもたちを何とかしてサポートしたい、と考えている方やその親族の方はこのシステムを利用してみてはいかがでしょうか。
遺産というのはお金持ちの人のものだけではなく、家族が亡くなった時にはいくらかの相続が発生することは少なくありません。

システム化されているのでスムーズに遺産を寄付することが可能

故人がボランティアなどに熱心だった場合、遺志を尊重することは弔いにもなります。
ユニセフ遺産寄付プログラムなら、システム化されているのでスムーズに遺産を寄付することが可能です。
自分たちがおくったお金がどのように使われるか心配、どんなシステムなのかを知りたいという方はウェブサイトから資料の一式を請求できます。

基礎知識に加えてユニセフの活動のことなどもわかりますので、衛生面や経済面などで日本よりもはるかに劣っている国々の子たちを何らかの形でサポートしたいなら、この方法を利用してみてはいかがでしょうか。

相続税の課税対象にはならない

このプログラムは、相続税の課税対象にはなりません。
金額が大きいと、家族に相続させると大きな税金がかかってきてしまいますがそれであればいっそのこと、知らない子たちをサポートして学校に通わせたり医療を整えてあげたい、と考えている人は多いです。

なくなってしまってはこうしたアクションを起こすことができませんが、親族がその遺志を引き継いで行動を起こすことはできます。
募金活動や定期的な送金以外にも、こうした方法でサポートをすることは可能ですしいくつかのやり方がありますので、まずは資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

アフリカでは1000円で多くの命が助かる

世界には、満足に食べることができなかったり衛生状況が劣悪で日本ではかかりえないような病気で亡くなる人がたくさんいます。
私も時折募金をする程度ですが、経済的に余裕が出たら遺産はありませんがサポートシステムに登録して、毎月少額から学校にいけない子たちをサポートできるプログラムに参加したいです。

日本での1000円はあっという間に使ってしまう金額ですが、アフリカをはじめ発展途上国ではその金額で何人もが予防接種を受けられますし学用品をそろえる助けになります。
少しだけ自分の贅沢を我慢するだけで、海外の見たことの無い人たちが笑顔になることができるのであれば、それは素晴らしい行いです。

まとめ

慈善活動は経済的に苦しいとなかなかすることができませんが、100円でも世界を変えることはできますし健康で学校に通えるという当たり前の幸せを、すべての人に与えられるチャンスがこのプログラムです。

関連サイト
日本ユニセフ協会 sdgs