青汁に魅力と注意点

「青汁」と聞くと、美味しくないけど健康に良い飲み物。
そんなイメージをお持ちの方が多いことでしょう。
一方で、実際にどのような栄養成分が含まれているか。
また、なぜ健康に良いのかを知っているという人はごく少数なのではないでしょうか。
もちろんその詳細はそれぞれの商品によって異なりますが、ここでは一般的な青汁に含まれる魅力的な栄養成分を紹介します。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれている

さまざまな魅力的な栄養素が含まれる中でも、体内で合成できない成分である一方で人が健康的に生きていくために欠かせない栄養素「ビタミン類」がまずその代表的な栄養素としてあげられます。
そのビタミンの種類も多岐にわたり、ベータカロテンやビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEなどが一般的です。
また、ミネラルも豊富に含まれます。
なお、人の体はミネラルが不足してしまうとさまざまな不調が引き起こされることが知られています。
その中でも特に、毎日の食生活だけでは十分な量を摂取しにくいカルシウムや鉄分が多く含まれる点も青汁の大きな魅力と言えます。
さらに、抗酸化作用と言われる活性酵素を除去する働きを有するポリフェノールやフラボノイド、クロロフィル、さらには腸内環境を整え美容やダイエットに良い影響を与えてくれる食物繊維なども多く含まれます。

(参考)青汁 乳酸菌 効果

しっかりとその成分の詳細を確認してからにすることが重要

このように、青汁には健康をサポートしてくれるさまざまな栄養成分が含まれることがおわかりいただけたのではないでしょうか。
一方で、世の中にある数多ある商品の中には添加物が含まれていたり原料の生産地がわからないものや農薬が多く使われているものなども多くある点には注意が必要です。
つまり、その商品を購入する際にはしっかりとその成分の詳細を確認してからにすることが重要です。
なお、大麦若葉100%など添加物が一切含まれない商品を飲んでいる限り副作用が生じることはまずありません。
でも、その健康被害は確実に存在します。
一方で、そのような健康被害の多くの原因が飲みすぎにあると言われています。
確かに健康に対する良い影響を期待できる存在ではありますが、食事をおろそかにしてしまっては意味はありません。
青汁を飲んでいるからと言って野菜を全く食べなくても良いというわけではありません。

まとめ

短期間に大量と飲むのも厳禁です。
健康のために推奨された1日1から2杯をきちんと守り、そのうえで飲み続けることが重要です。
そうすることではじめてその恩恵が受けられます。
注意しましょう。