債権回収を弁護士に依頼する

お金を貸したのに返してくれない、いつか払うなどと言って払ってもらえない、何度も支払い請求をしても無視される、相手と連絡がつかなくなってしまった、などがお金を貸すことで起こる可能性のあるトラブルです。
このように他者にお金を貸した場合、貸したお金を返せと請求する権利を債権と言います。
借用書を用意したとしても、現実にお金を支払ってもらえなければ意味のないものとなってしまいます。
約束を破ったり請求を無視する、連絡がつかなくなるような場合は、いくら債権回収を行いたくても、自分一人では難しいと考えられます。
そんな時には、裁判所に訴えることなどを考えながら、債権を回収していくことが重要です。
確実に債権を回収していくためには法律のプロである弁護士を頼ることがおすすめです。

 

債権回収を弁護士に依頼する1番のメリットとは

債権回収を弁護士に依頼する1番のメリットは、精神的負担を軽くすることができるということが挙げられます。
債権を回収する時には、どうしても債務者に対してシビアな交渉を行う必要が出てきます。
支払えない債務者にも事情があるため、債権者が強く支払いを求めるというのは難しいケースもあります。
逆に脅されてしまう可能性も考えられます。
しかし、弁護士に依頼することによって、そのような精神的負担を軽くできます。
また、事案に応じて手続きをいろいろ選択できるというのもメリットです。
任意で回収するか、強制執行で回収するべきかなど債務者の状態に応じて手段を変えられます。
場合によっては、裁判所に申し立てをする必要が出てくることもあるため、その手続き方法もわかっている弁護士に依頼すれば手間もなくなります。
債権の内容によっては、時効によって債権自体が消滅してしまうことも考えられます。
迅速に時効を中断したいというときにも、手続きをしてもらえます。

 

デメリットも確認しましょう

メリットは多いですが、デメリットもあるためそこも考えてから依頼することが重要です。
1番のデメリットとなるのが、費用がかかるということです。
内容証明郵便を送って交渉するだけでも着手金として、最低5万円ほどかかります。
裁判所を利用する場合には、着手金が10万円ほどかかるのが相場です。
回収できた金額に応じて成功報酬が発生するため、あまり債権額が小さすぎると依頼するだけで費用が大きくなってしまい、逆にマイナスになってしまうことも考えられます。
多くの回収ができる額であるかも考えて依頼します。
また、法律のプロを使って本気で回収するということは、相手との関係が修復困難な状態になってしまうことも多いです。
どうしても回収したい場合には、それを覚悟して行うことが大切です。
相手を追い詰めすぎると、相手が破産することも考えられます。
また、債権の回収方法が自分と弁護士では合わない可能性もあるため、しっかり話し合って決めることが求められます。

 

問題に詳しい弁護士に依頼することも重要

債権回収を行う場合には問題に詳しい弁護士に依頼することも重要です。
選び方としては、まず実際に依頼したことのある人がいれば紹介してもらうことが良いとされています。
しかし、そんな人が周りにいないことも多いため、ホームページや市役所などの公的機関に問い合わせてみるのもおすすめです。
チャックするポイントとしては、債権の回収を得意分野としているか、事例が豊富か、ホームページがわかりやすいかなどを見てから決めます。
気になったホームページがあったら、実際にあって相談してみます。
相性が良いのか、しっかり自分の話を聞いてくれるか、粘り強く回収してもらえるのかなどを会ってチェックします。
裁判所を活用することも考えて、法的手続きに有効な客観的資料を重視してくれる人であれば、安心して任せることができます。