肉体改造

スポーツジムに通うきっかけは、人それぞれ。
健康のため、痩せるため、肉体改造したいため。
ただ単にスポーツジムに通えば、自分の目標が全て達成出来るというものでもありません。

そこは、しっかりと目的意識を持って、計画を立てスポーツジムへ通わなければいけません。
皆さんは、こんな話をご存知ですか?

2008年に引退した、元プロ野球選手
清原和博さんの肉体改造のお話。

清原さんは97年、30歳の時にFAで巨人に移籍します。
97年はホームラン32本と活躍しましたが、翌年から巨人軍の4番という重圧とプレッシャーなどから思うような結果が残せずにいました。

追い討ちをかけるように、99年には膝の靭帯断裂という重症を負ってしまいます。
日米野球でMLB選手の圧倒的なパワーを見せつけられた彼は、シーズンオフにアメリカへ渡り、その圧倒的なパワーを手に入れて、もう一度選手として輝くために肉体改造を行う事を決断します。

暴飲暴食や不節制が続いていた彼の肉体は、体脂肪率は19.2%、体重は104kgと一流スポーツ選手とは思えない身体に。。。

そこでまず体脂肪を15%に、体重を90kg台まで落とし、圧倒的なパワーを身に付けるために厳しい筋力トレーニングを取り入れました。
それはまるで、格闘家のトレーニングのようなメニューでした。

しかし トレーニングの結果は肉体の変化とともにすぐに出ます。
ムキムキの身体に変化し圧倒的なパワーを手に入れてホームランを連発するようになり、自己最高の121打点を記録するまでになります。

しかし99年の膝の故障を完璧に克服することは出来ず、手に入れた圧倒的なパワーと筋力は逆に清原さんの下半身への負担となってしまい、肉離れや半月板損傷など、連鎖的な下半身の故障に悩まされるようになり2008年引退しました。

この肉体改造全てが失敗だったとは言えませんが、やみくもに肉体改造することが全て良い結果を生み出すわけでは無いというお話でした。

皆さんもスポーツジムへ通う場合、早結果を求めることと無理は禁物ですよ!!

 

 

サーキットトレーニングとは?