交通事故での怪我はむちうちが多い

⑴交通事故の怪我で比較的多いのがむちうち

交通事故に注意していても、いつどのような場面で起きるかわかりません。

被害者になることもあれば、加害者になることもあるため普段の生活から気を引き締めて行動していくことが大切です。

交通事故の場合には、さまざまな場面が想定されますが、起きてしまうと時には怪我をしてしまうことがあります。

ちょっとした擦り傷や打ち身、それ以外にも骨折などしてしまう可能性などもあります。

また、交通事故の怪我で比較的多いのがむちうちです。

特に、自動車などの事故の場合には、ぶつかった衝撃により首を大きく揺さぶられることになりむちうちの症状などが出やすいという点からも、事故を起こした場合や巻き込まれてしまった場合にはきちんと治療を受けるようにしましょう。

 

⑵むちうちの症状

交通事故によるむちうちの症状としては、首の痛み、手先のしびれやめまいなどが生じることもありさまざまな症状が挙げられます。

注意してほしい点としては、むちうちの症状がすぐに出ない場合もあるということです。

交通事故などの場合には、特に精神的にもショックを受けている状態のため痛みなどをすぐに実感できずに後から痛みを感じてくることもあり、むちうちに関しても後から症状が出てくる場合もあるため痛みなどがなくたいしたことがないと勝手に判断せずに、病院できちんと診察を受けることが重要だといえます。

事故による怪我などは、できるだけ早く診察をしてもらい適切な治療を受けることが大切です。

放置してしまうと症状が悪化してしまう可能性や万が一頭を強打しているという場合などは、症状によっては手遅れになってしまうこともあるためです。

痛みなどがない、たいしたことはないと自分で勝手に判断せずに診察をすぐに受けるようにすることが大切です。

 

⑶むちうちの治療法について

むちうちの場合には、整形外科や整骨院で治療を受けるといいでしょう。

基本的には最初に整形外科で診察を受けておき、必要があれば整骨院に行くというパターンが望ましいといえます。

治療に関しては、薬が処方されることやブロック注射などによる治療、理学療法などを用いる治療法などがあります。

基本的には、治療期間は3ヶ月程度が目安ですが、症状によってはそれ以上に長引くこともあるため医師の診断に従って治療を受けるようにしましょう。

交通事故の被害者となった場合には、加害者側に治療費や通院費、仕事などをしている場合には休業損害などを請求できます。

慰謝料なども発生するため、自分で相手側と交渉してみることが大切です。

交通事故では、冷静に対処することが重要ですが、トラブルとして巻き込まれてしまうと精神的にもパニックの状態であることが多いため冷静な判断ができない場合があります。

まずは、心を落ち着けることが重要なポイントといえます。

 

⑷弁護士に依頼して自分の代わりに交渉してもらう

また、状況によっては、弁護士などに依頼して対処してもらうというのも有効です。

自分で相手側とスムーズに交渉できればいいですが、法律などに詳しくない場合には相手側が有利な状態となる可能性もでてきます。

それを防ぐという意味でも、弁護士に依頼して自分の代わりに交渉してもらうようにしましょう。

慰謝料などに関しても、自分で交渉するよりも弁護士がいることで、増額が見込める場合があります。

一番重要なことは、一人で対処しようとするのではなく、他の方にも頼るということです。

事故であるためなんとか自分一人で解決しようとすると、失敗してしまう場合や満足のいかない結果となりがちです。

身内や友人などともいろいろと相談してみることや交渉を行う場合には、弁護士を頼ることでよりスムーズに問題を解決することにもなるでしょう。

怪我の状態にもよりますが、無理をせず周囲を頼って問題を解決するように心がけましょう。