結果を出しやすい証券会社を選択しよう

実際の取引で必要になる使いやすさを比較する

証券会社によっては、取引における利益の生じ方が全く異なります。

優良な会社を選択すればそれだけ効率的に利益を出すことができますが、それほどサービスが充実していない会社を選択するとあまり大きな利益を出すことができなくなってしまう可能性もあります。

では、具体的にどういった点を比較すれば良いのでしょうか。

まず重要になるのは、実際の取引で必要になる使いやすさの問題です。

例えば、証券会社によってはサービスとして取引専用のツールが提供されているところもあります。

基本的に、株取引を行う際には相場を見て予測を行っていく方法と、経済的な事情を把握して結果を出していく方法の二つがあります。

これらのうち、相場を見極めて予測をしていく方法で利益を出す場合には、相場の予測を効率的に行うことができる分析ツールが必要になります。

相場の変動はチャートというツールによって誰でも簡単に見ることが可能なのですが、実はそのチャートを分析するためのツールに関しては証券会社によってかなり異なります。

最低限の機能しか搭載されていないものも存在しますし、場合によってはものすごく高性能なツールが提供されていることもあります。

これらのサービスを使いこなせば、利益の出方に大きな違いが出てくるのは当然です。

実際に、チャートを利用した取引手法は世界でもメジャーな手法になっています。

こうした方法はテクニカル分析といいますが、テクニカル分析に必要な分析ツールが存在しないことには、満足な相場の予測ができません。

分析ツールが充実した証券会社のサービスを探すことが非常に大切

そのため、株取引を客観的なツールを利用して行っていこうと考えている人は、こうした分析ツールが充実したサービスを探すことが非常に大切になります。

一方で、それ以外にも取引そのものに重要なサービスを提供している証券会社も存在します。

例えば、手数料です。

株取引では、大きな金銭で取引を行うときに莫大な手数料が必要になることがあります。

特に、株取引には自分の資産を倍掛けにして取引が可能な信用取引という手段が存在します。

信用取引を利用すると、それだけ必要になる手数料も大きくなることを意味するため、必ず手数料に関する比較は行っておかなくてはいけません。

信用取引の手数料の無料化

実際に、手数料に焦点を当てたサービスとしては信用取引の手数料の無料化が存在します。

信用取引の手数料を一日の中で限定的に制限することによって、取引で利益を出しやすくしてくれているわけです。

こうしたサービスを使えば、他の投資家と比較して大きな利益を出すことができます。

また、同じ信用取引の比較として大切になるのが貸与株に関する充実差です。

株取引が他の投資と大きく異なるのは、実は自分で株を保有していなくても株取引に参加できるシステムが存在することです。

このサービスを、空売りといいます。

文字通り、持っていない株を売ることを意味するため、空の状態で売って利益を出していきます。

なぜこのようなことができるのかというと、自分が持っていない株を証券会社から借りることができるからです。

自分が売りたいと考えている株を借りることで、その株の売買益によって儲けを出すことができるようになります。

もちろん、売った株は買い戻さなくてはいけませんが、相場の流れを予測することで持っていない株を簡単に売却できるため、非常に人気の高いサービスとして定着しています。

しかし、実際に空売りを利用するにしても肝心の売りたい株をその会社が保有していなければ全く意味がありません。

貸与株に関しては、その会社が保有している株によって売却できるものが異なってきます。

例えば、投資の中でも得意分野と不得意分野が存在することが多いですが、その会社が保有している株が自分の不得意分野に関する会社の株しかない場合には、そこで勝負をしなくてはいけなくなります。

これは投資としてはかなりリスクの高い行動になってしまいます。

そのため、実際に取引をしようと考えている人はその会社がどのような株を保有して、信用取引を提供してくれているのかを確認しなくてはいけません。

これらのサービスと比較して、一つだけ気をつけておかなくてはいけないこともあります。

口座の種類に違いはなく、口座以外のところを比較した方が良い

それは、口座の開設に関してです。

基本的に、日本国内の業者で株取引を利用する際には、口座の種類に違いは存在しないです。

ただし、開設するときには初めから税金分の徴収を行ってくれるサービスとそうではないサービスを選択しなくてはいけません。

税金分をはじめから徴収してくれるサービスは特定口座と呼ばれているものです。

特定口座は、それぞれの証券会社の独自のサービスというわけではなく、法律的な決まりごとでより簡単に投資家が取引をできるように考えられたものです。

ですから、株取引のサービス内容で比較する際には口座以外のところが比較したほうがわかりやすいです。

信用取引やチャートツールなどの優劣は会社ごとに最も違いが出るものですので、注意深く精査することが大切です。