山本昌広選手のプロ野球での活躍

中日ドラゴンズにいた山本昌

山本昌広選手は中日ドラゴンズに所属していたプロ野球選手です。

山本選手は山本昌の登録名でプロ野球ファンに知られています。

山本投手は神奈川県出身で神奈川の強豪校日大藤沢高校から1983年のドラフト会議で中日ドラゴンズにドラフト5位指名を受けて入団しました。

山本選手はドラフト指名される他の選手と比べると実績的にそれほど突出している訳ではなかった為にドラフト上位指名とはならなかったものの当時の中日ドラゴンズはそのポテンシャルをかって指名しました。

しかし山本選手自身は当時それほどプロ志向の高い選手ではなく、大学に進学して教員の免許を取るのが高校時代の夢でした。

その為本人はプロ入りに対して迷っていましたが、当時の日大藤沢の監督にプロでやっていけると激励を受けた事と山本選手の父が中日ドラゴンズのファンであった事から自分が入団すれば父親が喜ぶと思った事から大学進学の道を断って高卒でプロ入りしました。

プロ入り初年度の1984年シーズンから1987年シーズン終了までは1軍での登板はほとんどなくプロ野球の世界で結果が出せずにいました。

そして1988年のシーズンに入る前に中日ドラゴンズが業務提携をしていたメジャーリーグのロサンゼルスドジャースに野球交換留学という形で山本選手を含めた5人の若手選手がアメリカに野球留学に行く事になりました。

マイナーリーグに留学していた

留学先で山本選手が所属したのはドジャース傘下のマイナーリーグのチームです。

山本選手の野球留学期間は1年となっていて1年間留学するという事は1988年シーズンは山本選手を中日ドラゴンズは戦力と考えていないという事でもありました。

それを山本選手自身も理解していた為に留学先のチームで野球に対して意欲的に取り組めないでいました。

しかし後に山本選手が恩師と慕うアイク生原の熱心な指導を受けて留学先で山本選手は再び意欲的に野球に取り組むようになりました。

その結果マイナーリーグで頭角をあらわしてマイナーからメジャーへの昇格も検討されるほどでした。

当初は1年間はアメリカで過ごす予定でしたが、マイナーリーグでの山本選手の投球を当時の中日ドラゴンズの監督である星野監督がビデオで見て留学を打ち切って日本に呼び戻す事になりました。

日本に戻るとシーズン終盤であったものの1軍での登板期間が与えられて良い成績をあげました。

続く1989年のシーズンはシーズン当初から先発ローテーション入りを果たして順調に勝ち星積み上げるものの9勝目を挙げてから勝ち星から遠ざかっていました。

そして9月に再びアメリカへの野球留学を命じられてアメリカに渡ってアイク生原に指導を受けます。

アメリカから帰国した1990年のシーズンは開幕から先発ローテーションに入って初の10勝をあげました。

このシーズンから山本選手は中日ドラゴンズの中心選手として何度も二桁勝利を挙げてチームに欠かせない選手になるのと同時に球界を代表する選手になりました。

1990年代には最多勝を3回と最優秀防御率と最多奪三振を1回ずつ獲得しました。

1994年のシーズンには先発投手にとって最高の栄養である沢村賞も受賞しています。

その後山本選手は40歳を超えて50歳まで選手としてプレーを続けました。

2008年には200勝を達成して名球会の入会条件も満たしました。

2006年には41歳でノーヒットノーランを達成していてこの年齢での達成はプロ野球の最年長記録で、ノーヒットノーランや完全試合を40歳代で達成している選手は山本選手以外にはいません。

数々の記録を残している

山本選手は50歳のシーズンまでプレーを続けてプロ野球での最終登板は2015年の10月7日の登板で50歳と57日での登板でした。

この50歳と57日の登板はプロ野球の最年長試合出場記録です。

山本選手は50歳まで現役を続けて40歳代半ばから後半になっても1軍の戦力として活躍したので、多くの最年長記録を保持していて最年長出場や先発記録など11のプロ野球最年長記録を塗り替えました。

山本昌選手はプロ野球の投手としてはそれほど球速がないものの高い制球力と精度の高い変化球を武器に活躍しました。

複数ある変化球の中でもスクリューは山本昌選手の代名詞とも言える球種です。

しかしこの球種はプロ入り前から投げていた球種ではなく、野球留学先でアイク生原からの指導で取得した球種です。

アイク生原との出会いはこのスクリューの取得も含めて山本選手の投球を大きく変わるきっかけになった事から本人も野球人生の大きな転機だったと語っています。

プロ野球の長い歴史の中には多くの名投手がいましたが、山本昌選手ほど長い期間にわたって活躍した選手はほとんどおらず通算成績やシーズンキャリアハイの成績も非常に優秀です。

その為記録だけでなく、プロ野球ファンの記憶にも強く残る名選手と言えます。

山本昌選手は現役を引退しましたが、将来的に指導者として活躍する事を期待するプロ野球ファンも多いです。

「山本昌 ブログ」より引用